Project JRS公式ブログ

只見線を応援する同人サークル「Project JRS」公式ブログ! Project JRSでは茨城県及び北海道も応援しています!

カテゴリ: ┣東武鉄道


2日連続更新!
まあ!最近サボってましたからたまにはね更新しないと・・・
というか・・・アクセス履歴を見てたら罪悪感が・・・
何ていうか更新してないけど定期的に見てくれてる人が居るんだな~という事実を目にしたら更新せざるを得ないという感情になりまして今に至っています。。。

さて本題に入ります!

いよいよ来月26日から元真岡鐵道で運行されていた「C11-325」がいよいよ東武鉄道の『SL大樹』として運行を開始するようです!
DSC_0385
 
かつて、真岡鐵道時代のC11-325は定期的にJRに貸し出しされて臨時列車の運行にもついていましたが、東武に移管されたらそれはどうなるんでしょうかね~

もともと真岡鐵道は、国鉄を三セク化(旧国鉄真岡線)した路線なので、財政面ではやはり厳しいところがあったのは重々承知の上で、2機保有してたのだと思いますが、ここ近年になりやはり悪化の一途を辿り、C11は昨年の11月末に1億2000万円で東武鉄道に売却されました。

↓ 詳しくはこちらの記事も ↓

今日は、元C11が在籍していた真岡鐵道の現状とC11の受け入れ先である東武鉄道の現状を先日、撮影しに行ってきましたので報告がてら色々と語っていきたいと思います!

真岡鐵道の現状                  

かつては、SLの重連や他社(主にJR東日本)への貸し出しなどを積極的に行い撮り鉄や乗り鉄などを集めていた真岡鐵道は現在、保有しているSLはC12-66が「SLもおか」として運用されている。

以前みたいに盛り上がりはかけるようだが、ヘッドマークを期間ごとに毎回交換するなどして見る人を楽しませているようである。
20201018_121627

また、真岡駅近くにあるSLキューロク館では9600形蒸気機関車49671号機が圧縮空気による駆動ではあるが唯一稼働状態にあるSLとなってることで、注目を集めている。

東武鉄道の現状                   

20201026_125641

一方で受け入れ先である東武鉄道では引き続きJR北海道から借用されているC11-207を使用して「SL大樹」を運用している。
20201026_122832

また、隣接する下今市機関区では昨年まではキャパが足りないのではと懸念されていたが、機関庫が増設され下今市での受け入れ体制は整いつつあるようです。

ただ、懸念されることといえば客車側ですかね~
12系にしろ14系にしろ古い車両であることは変わりないので、今後使用し続けられるのか?
故障とか部品の調達はできるのだろうか?その辺ですかね~

SLに関しては、東武鉄道はちゃんと真岡鐵道、大井川鐵道、JR東日本、JR北海道などから研修を受けているようなのである程度の対処はできるのだろうかと思われますが・・・
20201026_142500
しいて言うなら、東武で運用されているC11って保安装置の関係から車掌車が機関車後ろに必ず付属しないと走れないという制約ですかね。C11って小さいから見応えがあるんですが、車掌車が入るとなんか長くなるんですよね・・・上の画像見てもらえればわかると思うんですけど・・・
まあ、車掌車が変な色で奇抜じゃないからそこまで気にはならないのだけど、車掌車抜きのC11が見たいという方も中には居るのではないでしょうかね?かつての真岡鐵道がそうだったように・・・

そして、来年冬の復元を目指して江若鉄道が自社発注で製造したまがい物のC11-1は「C11-123」となったようです。東武が123周年となることからという安直な考えから・・・

まあ、そんなこんなで来月には鬼怒川線内でSL同士のすれ違いが見られるようになるようです。
先日、SL大樹に乗りに行った際には平日にも関わらず鉄の方がチラホラ見られましたし、地域住民の方も積極的に手を振ったりしていたので、一応は歓迎されているのだなと思いましたが、一方で「SLは公害だ!」などの旗も残っていたことから歓迎されていない面も垣間見る事ができました。

来月には2機が、来冬には3機となる東武鉄道は果たして地域住民の理解を得られるのかが焦点になるのではないかと思います。

ゆくゆくは、鬼怒川温泉を超えて会津鉄道に乗り入れ会津若松で見られるようになったら嬉しいですけど・・・まあ、野岩鉄道線内がどうしてもSLの排煙は処理できないらしく走れないらしいのでしばらくは無理なのかな~

今後の東武鉄道の動向も要チェックだ!

鉄道コムバナー
↑ 鉄道コムランキング参加中 東武のC11についてもこちらで ↑


今日から12月!
今年も残すところあと1ヶ月となりました!早いものです!

さあ、そんな月初めに悲しくもラストランを迎えた車両がある!

DSC_0385

そう!真岡鐡道のC11形蒸気機関車325号機である。
かねてから、真岡鐡道では経営不振で維持費がかかるSL2台持ちを断念しており売却先を検討していた。

そこで募集をかけたところ、落札したのはなんとすでにJR北海道から貸与されているC11を運行する東武鉄道が名乗りを上げた!どうやら1億2000万円で落札したらしい・・・ 

①JR東日本への貸し出しどうなる?
かねてから真岡鐡道は積極的にJR東日本への貸し出しを行っていたし、車両の検査についてもJR東日本の大宮総合車両センターに受託していたという事もあり、東武鉄道に譲渡されたらJR東日本管内で走ることも無くなってしまうのかもしれない・・・

②下今市機関区収容能力大丈夫?
DSCF3875

上の写真のように下今市機関区には収納庫が2つしかない現状C11-207を保有し、さらに復元作業中のC11-1(旧江若鉄道所属)を保有している。
そして、今回のC11-325を真岡鐡道から落札したことによって、今後は3機を収納することになる。

その他にもプッシュプルで使うディーゼル機関車なども保有しているわけですから収納できるのかが不安である。

画像を見た感じ奥行きもありそうなので縦列して収納する可能性もあるかもしれませんが・・・果たして・・・

③2機を保有+1機貸与のC11で考える東武の未来予想
DSCF3907

合計で3機が下今市機関区で保有することになる東武鉄道が考えること・・・
現在、不安定な運行状態に加え異常が発生した際に変更するための機関車が無いというのは致命的でそれを無くすことを視野に入れているのは間違いありません。

それがC11-1とC11-325に与えられて任務です。では、JR北海道から借りているC11-207は?
これはあくまでも推測ですが、JR北海道に返却するというのも考えられるかもしれませんし・・・3機になって余裕が生まれることからJR東日本管内への派遣(C11-325のみ)というのも考えられるかもしれません。

ただ、派遣されるのは今までJR東日本管内を走ったことがあるC11-325に限定されるでしょう。
考えられる懸念としては今までJR大宮総合車両センターがC11-325の検査を担当していたのですが、今後はJRから知識をもらった東武鉄道が担うことになるという事。つまり、JRの保安装置を残すも殺すも東武次第という事になる。

そして、壮大な計画としては下今市~会津若松への運転も視野に入れているのでは?
かねてから・・・と言うよりC11-207が東武に来てから展示は幾度となくやりましたがC11-207が会津若松駅で展示を行いJR東日本新津所属のC57とともに展示されたというイベントがあった。

DSCF3897

この時はDE10のディーゼル機関車に惹かれて会津若松へとやってきたが、将来的にはC11を会津若松まで運転したいのではないかという野望も見える。
幸いなことに、会津鉄道線の会津高原尾瀬口には使われなくなった転車台があるし、会津若松にも転車台があるというのは願ってもない好都合ですしね。

なにより、東武とJR東日本も互いに敵対視しなくなったというのもあるのかも。
3機になることにより、運転に余裕が生まれ会津若松乗り入れも検討しだすかもしれません。
ただ、そうなると野岩鉄道線内と会津鉄道線内のSL運転は誰がやるんだ?という話も出てきます!

まあ、ディーゼルカーのAIZUマウントエクスプレスの運転が会津若松~鬼怒川温泉・東武日光間の全線を会津鉄道に移管しているという事もあるので、SLを乗り入れて東武の機関士が運転することにより貸し借りなしという状況を作る可能性も無きにしも非ずという感じでしょうか~

真岡を去ったC11-325がどのような運命をたどるのか今後要注目という感じがします!

鉄道コムバナー
↑鉄道コムランキング参加中 C11-325についてもこちらで↑


今週金曜からいよいよ夏コミがスタートです!
当サークルも準備万端で心待ちにしております!
また、詳しい情報は前日の11日にご紹介いたしますので今しばらくお待ち下さい!

さて、ついに明日!東武鉄道にSLが走り出します!
そこで、東武鉄道のSL復活に向けた一大プロジェクトを再度振り返っていきましょう!

まず、なぜ今になって東武鉄道がSL復活プロジェクトを始めたのか?その説明をします。
東武鉄道は、鉄道産業文化遺産の保存と活用を目的と、外国人観光客に有名な日光・鬼怒川地区の活性化を目的として全国の鉄道会社に協力を求めました。
その結果、それに賛同してくれる鉄道会社の協力を得て、車両を貸与又は譲渡してもらって運転を行うのです。
車両の借受・譲受は鉄道産業文化遺産の保存実績がある、東武博物館が行い、ディーゼル機関車の譲受は東武鉄道が行いました。

イメージ 1

メインとなる蒸気機関車は、JR北海道が所有していたC11-207(通称:カニ目)を東武鉄道が借り入れて運転を行います。

この蒸気機関車は、JR北海道が所有し「SLニセコ」や「SL函館大沼」として運転していたのですが、JR北海道の度重なる不祥事により、経営を逼迫する蒸気機関車を東武鉄道に貸し出すことにより、東武鉄道からの収入をすることになりました。

借り入れに先立ち、昨年8月JR北海道の苗穂工場で全般検査を受け、苫小牧へそこから商船三井フェリー(苫小牧→大洗間)を使い大洗へ、大洗から陸路で南栗橋へと移動しました。

今後、SLの全般検査はおそらくJR東日本の大宮総合車両センターで行われるものと思われます。(←真岡鐵道・秩父鉄道のSLも検査を担当してるので)

だとすると、JR東日本による東武鉄道のC11の借り入れというのもあり得るかもしれませんね~
すでに、先月には会津若松駅にて貴婦人の愛称を持つ「ばんえつ物語号」のC57-180とともに展示されました。

続いて、牽引する客車です。

イメージ 2

牽引する客車は、JR四国で保留車となっていた12系と14系客車です。

こちらもJR四国の多度津工場で検査を受け、JR貨物が牽引して熊谷へと輸送、そこから秩父鉄道を経由して東武鉄道へと引き渡されました。

また、今年2月にはJR北海道 札幌運転所に保留車となっていた元急行「はまなす」の座席車4両が東武鉄道へと譲渡されました。

イメージ 4

その他、車掌が乗務するときに使用する車掌車をJR貨物とJR四国から譲り受け。

イメージ 3

プッシュプルのために使用するため、DE10-1099をJR東日本から譲り受けました。

この機関車は大宮車両センターの入換機として使用されていたのですが、使用頻度が減少したことから東武鉄道へ昨年12月に譲渡されました。
譲渡方法は、客車と同じく熊谷と秩父鉄道を経由して渡されました。

イメージ 5

これとは別に、SLを運転する際に必要な転車台をJR西日本の三次駅と長門市駅から譲渡され移設されました。

イメージ 6

また、今まで東武鉄道ではSLを運転できる運転士がいなかったことから、JR北海道・秩父鉄道・大井川鐵道・真岡鐵道の協力により乗務員の養成を行ってきました。

それ以外にも、運行を行う下今市駅は改修工事を行い、隣接地に下今市機関区を設置しました。

イメージ 7

この他、下今市駅ではレトロ感を出す駅名板を設置したりしています。


そして、ついに明日!
東武鉄道としては50年ぶりにSLが運転を開始します!

運行場所は、東武鬼怒川線の起点となる下今市駅~鬼怒川温泉までの12.4㎞の区間です。片道は約35分で、途中の停車駅は7月に開業した東武ワールドスクウェア駅のみとなります。乗車には乗車券の他に750円の座席指定券が必要となります。
このSLは1日に3往復運転されます。

編成は、SLを先頭にして車掌車+客車3両+ディーゼル機関車となります。


JR北海道を始めJR東日本・JR西日本・JR四国・JR貨物・秩父鉄道・真岡鐵道・大井川鐵道と数多くの鉄道会社の協力を得て走り出す東武鉄道の蒸気機関車。

賛同した多くの鉄道会社の手により復活を遂げた東武鉄道のSLは、東武鉄道にとってもそして賛同した鉄道会社にとっても新たな1ページが開かれるに違いない!


イメージ 8
↑鉄道コムランキング参加中! 東武鉄道のSLについてもこちらで↑


本日、COMIC1が開催されていましたね~
約2年前のこのイベントから「Project JRS」が始動したという事もあり久し振りに一般参加したCOMIC1はなかなか良かったですね。
さあ次はうちの番ですね~来週は待ちに待ったコミティア120開催日です!

ということで、本題へ!
東武のダイヤ改正から早10日・・・
昨日より、東武の臨時運転が行われており約10日前南栗橋以南から去った東武6050系が戻ってきました!

イメージ 1

快速・区間快速の表示はなく、編成も4両と減ってしまったが10日前と変わらぬ光景をまたこの場所で見れて良かったと思いました!

臨時運転は5月3~7日まで行われる。今後も臨時として定期的に乗り入れてくるようです。

イメージ 2
↑鉄道コムランキング参加中! 東武6050系についてもこちらで↑

ダイヤ改正を目前に控えた4月14日・・・
乗り納めという意味も込めて東武の快速に乗って湯西川温泉まで行ってきました!

そこで分かったことがあるので、この項目に書いていきたいと思います。

イメージ 1

まず、朝一番6:20発の快速に乗車した感じ浅草・とうきょうスカイツリーからは一部ボックスが埋まる程度でしたが、北千住で全席が埋まり立ち客が出るほどでした。

その客は、一部が春日部で降り東武動物公園で一部が降りていきました。乗っている乗客としては学生客もおり速達性があることから急行よりこちらを利用する客も多いという感じです。

東武動物公園で一部客層が入れ替わり、再び乗車率が増えます。通勤時間ということもあり北関東方面へ行く通勤通学客が乗り込みます。

板倉東洋大前で大学生が降り、大きく動くのが両毛線との接続駅:栃木でかなり少なくなります。残った人も新栃木・新鹿沼で降りてしまい、浅草・北千住・春日部から乗った客の殆どが降りてしまいます。

ここから先は、地元客の輸送がメインとなるようで下今市で乗った客は鬼怒川温泉で下車する形になります。

そして鬼怒川温泉以降残ったのは、乗り鉄だけという結果になりました。その後、野岩鉄道線内に入るも乗車客はおらず降りる方のほうが多かった印象です。

ここから見て取れること・・・
快速・区間快速が特急「リバティ会津」に置き換わることにより、学生客は乗らなくなり、通勤客も少し足が遠のくのではないかと想定されます。
「リバティ会津」は一応板倉東洋大前や野岩・会津鉄道線内一部駅にも停車を予定しているようですが、それは観光客の乗降を見込んで停車しているので、現行の「快速」「区間快速」と同じようには行かないんじゃないかと思います。

何よりも乗降客がある東武動物公園の通過というのも大きな痛手でしょう。先に述べたとおり北千住から乗った客の一部は春日部・東武動物公園・板倉東洋大前で下車するのだから・・・

まあ、まだ運転開始して2日しか経っていないので一概には言えませんが・・・ここから見えてくる結論は「リバティ会津」とは別の形で速達列車が復活するのではないかということです。

イメージ 3

理由としては以下の通りです。

①東武の急行と区間急行は停車駅が多いため時間がかかる

北千住~春日部間をすべて通過する快速と西新井・草加・新越谷・越谷・せんげん台・春日部と停車する急行では時間差が生じる。

②南栗橋での乗り換えが必要となる

板倉東洋大前や栃木方面に行く人にとっては不便

③有料化

何よりも今まで通学で使ってきた人たちにとっては有料化が一番困るところでしょう

④特急があまり速達化していない

朝一番の電車を見てみましょう
現行ダイヤでは6:20発を置き換わるのが6:30発の特急「リバティ会津101号」「リバティけごん1号」会津田島・東武日光行きですが、会津田島到着時間は現行ダイヤと同時刻の9:45と10分出発時間が遅くなっただけで、事実上は現行ダイヤの東武動物公園等の停車分を加味したらさほど変わっていないという印象です。

⑤浅草対南会津(会津田島行き)が8往復から4往復に減便

今まで浅草発会津田島行きは快速・区間快速合わせて8往復合ったのに、特急分4往復のみとなってしまった。
残りの4往復分は南栗橋発の急行東武日光行きと南栗橋からの鬼怒川温泉方面は普通新藤原行きが3本分ありますが上り新藤原発は朝一番の区間急行南栗橋行きの1本とかなり縮小された形となった。


少なくとも4往復分は快速・区間快速を残すべきだったんじゃないかと私的には思う・・・

以上のことが、もし株主総会で問題提起されたらどうなるんでしょうかね?
東武は一般の人も株主になれる制度を取っていますので、株主から「不便になったから変えてくれ!」と提案されれば、聞かないわけにもいかなくなるでしょう。

今後、北千住以北の無料優等列車の復活のカギを握るのは東武の株主の皆さんということになるんじゃないかなと思っております。

イメージ 2
↑鉄道コムランキング参加中! 東武6050系についてもこちらで↑

このページのトップヘ