Project JRS公式ブログ

只見線を応援する同人サークル「Project JRS」公式ブログ! Project JRSでは茨城県及び北海道も応援しています!

カテゴリ: ┗江差線


もう、忘れている方も多いかと思われますが・・・
江差線木古内~江差間が廃線になってから2年が経過しました。

イメージ 1

2年前の今日、木古内~江差間が正式に廃止されました。
そして、早ければ今年中に留萌線の留萌~増毛間も廃止されそうな状態です。

今一度、江差線 木古内~江差間が廃止になったおさらいだけしておきましょう。

単刀直入に言えば、利用客が少なかったからです!

廃線発表前の1日の利用者は41人程度だったそうです。その客の大半は湯ノ岱~上ノ国の上ノ国町間の移動に利用していた上ノ国町の人たちです。もちろんその中に江差・上ノ国から木古内方面に通勤通学していた人も居ると思いますが、大半が区間利用でした。

なら、江差町に住んでいる人はどうして利用しなかったのか?

江差町の人はわざわざ木古内を経由していく江差線を使うより函館に直接行けて時間的にも早いバスを利用しています。

そもそもの問題として、江差駅の場所が問題なのです。
江差駅は市街地より10分ぐらい離れた場所に位置しています。

それが大きな原因でした。
バスは函館から大野国道と呼ばれる国道227号線を通り峠を超えて江差の市街地を通り江差駅・江差バスターミナルへと向かいます。
江差駅の市街を通り江差駅より上ノ国側にある江差バスターミナルに入る訳ですから、そりゃ市街地に近いバス停を利用しますよね。

バスの本数は鉄道より少ない5往復ですが、バスのほうが利便性はあるのです。
こちらの所要時間は約1時間30分。対して当時の江差線は木古内を通ること特急の通過待ちをしていたため2時間~2時間30分もかかります。

もともと国鉄の赤字83線に入っていたのに廃線を間逃れたのは、津軽海峡線の一部を形成する木古内~五稜郭間があったからといっても過言ではない。
枝線である江差~木古内間が残ったのは、当時、道道5号線の整備状況がよくなかったのが原因なのですが、ここ数年でそれは改善し全区間2車線を確保できる道となりました。

こうなってくると、上ノ国町の人も自動車での移動が増えるわけです。
自動車での移動が増える=鉄道の輸送力が落ちるという現象になります。

その結果、1日41人という結果として反映されていたのです。

ちなみにこの結果、同年に廃止となった岩泉線とほぼ互角に戦えるほどのレベルでした。

木古内~江差間が先行して廃止になったもう1つの理由としては、北海道新幹線が開業した後、五稜郭~木古内間が移管されることが決定しており、この木古内~江差間だけが孤立区間となってしまう事が懸念されたため、2014年5月11日を持って廃止することになりました。
その後、2015年3月2日五稜郭~木古内間も事業廃止届を提出、同年6月には第三セクターの道南いさりび鉄道が第一種鉄道事業を認可され、正式に存続することが決定しました。

イメージ 2

そして、今年3月25日を持って80年の歴史に終止符を打ちました。
最終日には、線内で唯一の直営駅だった木古内駅の電光掲示板に「さようなら江差線」と表示したそうです。
翌日以降、木古内駅は新幹線の方に移管され無人駅となってしまった。そして今まで旅客扱いをしてきた1~3番線も閉鎖となった。

現在は道南いさりび鉄道が木古内~五稜郭間の輸送を引き受けていますが、JR時代から大幅に運賃が値上げされ、地域間輸送に支障をきたしており、特例のオプション券で通過が認められる「青春18きっぷ」利用者は途中下車出来ない関係で売上には期待できないでしょう。
ただ、「はこだてパスポート」が渡島当別から木古内まで延長された関係で少しは期待できるかもしれませんが難しいところでしょう。

あとは、「ながまれ号」利用客をどれだけ呼び込めるかでしょうね。

木古内に関しては、江差や奥尻島、松前へのアクセスの拠点となることと首都圏や東北からのアクセスが飛躍的に向上したことから「はやぶさ」利用客をどれだけ木古内で下車させるかというところでしょう。
現時点で言えば、新幹線と道南いさりび鉄道の接続が悪いということと、木古内で下車した客をいかにして函館へ輸送させるかと言うところです。
どうせなら、数本は電車をJRから貰っておいた方が良かったんじゃないかと思うんですがね・・・
新幹線と接続する快速を新設すれば、新函館北斗に対抗できると思うんですがね~

新幹線が開業した木古内の今後も要注目という感じでしょう!

イメージ 3

ただ、忘れないで欲しい・・・
木古内~江差間に鉄道が走っていたということを・・・

イメージ 4
↑鉄道コムランキング参加中! 道南いさりび鉄道についてもこちらで↑

最後に・・・
この書庫は今後、JR北海道傘下から東日本私鉄の傘下に変更し、「道南いさりび鉄道(旧江差線)」とする予定です。


土曜日にJR西日本が三次線を廃止する意向を示し、そして昨日にはJR九州の485系が引退となりました。
どちらとも私には全然思い入れがある訳ではないので、なんとも思いませんでしたが、やはり国鉄形が引退していくのは寂しいですね。
JR九州にもまだ国鉄形は残っていますが、恐らく電車だと415系とかかな?先行きは長くないようなそんな感じがしますね・・・

さて、ところ変わりまして九州からおよそ1500㎞離れております北海道の話題へと変わります。
前回、江差線廃線後の木古内駅をご紹介いたしましたが、長くて割愛しておりました海峡線と江差線との分岐点の現在の状態を撮影しておりますので、ご紹介いたします。(上記リンクから江差線廃線後の木古内駅のブログ記事へ行けます!)

イメージ 1

木古内駅より少し本州側に向かって2つ目の踏切こそ、かつて海峡線と江差線が分岐する場所でありました。

イメージ 2

ここで江差線と海峡線が分岐し江差線は西の方へと進路を取っていましたが、廃止後はというと・・・

イメージ 3

列車が走らなくなった線路はサビつき、奥の方は段々と藪の中に埋もれていっているというそんな印象を受けました。

今度は、反対に木古内駅の方に向いてみましょう・・・

イメージ 4

以前はこのように海峡線と交わるポイントが存在していましたが・・・

イメージ 5

廃止後はこのようにポイントは存在するもののその先をバッサリと切断され、現在は脱線側線みたいな感じになっています。
おそらく、あのポイントはもう一生切り替わることはないんでしょうね・・・

今回は、時間と都合上木古内駅と江差線・海峡線交点しか取材ができませんでしたが、また機会があれば今度は江差の方にも足を運んでみたいと思っております。

イメージ 6
↑鉄道コムランキング参加中! 江差線廃線跡もこちらで?↑


昨日、江差線話題をお届けしましたが今日も江差線話題をお届けしたいと思います。

江差線 木古内~江差間廃止後も「江差線 廃線跡」で検索している方がちらほら見られますので少しでもお役にたれればと思い記事を書かせていただきます。

尚、写真については約3ヶ月前の7月に撮影されたものになりますので少し状況が違う可能性もあります。予めご了承ください!

イメージ 1

2013年9月の時点ではまだこの駅舎だった木古内駅は2年経過してこのように変わりました!

イメージ 2

改築されこうなり・・・

イメージ 3

真後ろに新幹線駅舎が!
特徴的な三角形の角だけは今も健在ですが、かなり印象が変わってしまったという印象を受けましたね。

それでは、江差線普通列車コンコース・ホームへ行ってみたいと思います!

イメージ 4

かつてはこのように「函館・江差方面」と掲げられていた看板は?

イメージ 5

掛け替えられ「函館方面」に・・・

それではホームへ!

イメージ 6

ホームから江差方面を見ると、このように「線閉」(おそらく線路閉鎖の略)の看板を立て行けないようにしていました。

イメージ 7

物凄く気休めにしかなってないような気がする・・・
車止めとしての機能は指定なさそうですよね~

では、この線路の先はどうなってるかズームで確認してみましょう!

イメージ 8

4番線の先は一応、線路はつながっていますがポイントが脱線側線に繋がっており、本線にはいけないようになっているようです。
ただ、ポイントは動くはずですから動かせば本線に行くことは可能だと思われる。

続いて、駅名標は?

イメージ 9

かつては、途中駅だったため4・5番線は「渡島鶴岡」の文字が書いてありましたが、廃線により・・・

イメージ 10

渡島鶴岡の文字は消されておりました。
ただ、かすかに残る「おしまつるおか」の文字が哀愁を誘うのです。


それでは、今度は海峡線と江差線の分岐点であるE48踏切へと行ってみたいのですが、今日は長くなりそうですのでここまでで!

次回をお楽しみに!

イメージ 11
↑鉄道コムランキング参加中! 江差線廃線跡についてもこちらで?↑


この書庫を使うのも久しぶりのような気がしますね~
江差線のなんてそんなに無いですからね・・・

昨年5月21日・・・
江差線 木古内~江差間が廃線となった。

イメージ 2

その途中駅で唯一の交換設備があった湯ノ岱駅。
そして、この湯ノ岱~江差間は唯一のスタフ閉塞区間でも有りました。

あれから約1年4ヶ月旧湯ノ岱駅でイベントが行われることになったようです!

JR江差線跡、トロッコで走ろう 北海道・旧湯ノ岱駅構内で10月11日にイベント

09/29 北海道新聞

イメージ 1

 【上ノ国】昨年5月に廃止されたJR江差線木古内―江差間の旧湯ノ岱駅構内でトロッコを走らせるイベント「湯ノ岱駅まつり」が10月11日に開かれる。函館のまちづくりグループ「北海道夢れいる倶楽部」などの実行委が企画した。同倶楽部は「廃止区間を活用して地域振興を図りたい」と意気込んでいる。

 北海道夢れいる倶楽部は疑似駅「天ノ川駅」を沿線の町内山間部に設置し長年維持管理(今年7月に解体撤去)するなど鉄道を生かしたまちづくり活動に取り組んできた。今回は、廃線後も旧駅舎とレールの一部が残っていることから活用を考えた。

 当日は十勝管内新得町の旧新内(にいない)駅跡でトロッコ施設を運営する「狩勝高原エコトロッコ鉄道」から足こぎ式トロッコ1台を借り、「天の川トロッコ鉄道」と名付けて運行する。旧湯ノ岱駅構内に残るレールの500メートルを利用し、その日限りの「湯ノ岱温泉駅」「南湯ノ岱駅」「北湯ノ岱駅」の3駅を設け、乗車と記念スタンプ押印などを楽しんでもらう。

 開催時間は午前10時~午後5時。乗車料金は1人510円、ペア(2人)770円、ファミリー(3人)1030円。予約限定で乗車券と駅弁、記念切符付きスタンプ台紙のセットも1人2千円で用意する。

 北海道夢れいる倶楽部は「来年以降は自前のトロッコを用意して年4、5回はイベントを開きたい」としている。予約は「天ノ川駅」ホームページで受け付ける。締め切りは10月7日。問い合わせは同倶楽部事務局(電)050・5273・1424へ。(後藤真)



駅の面影は残していますが、かなり荒れ果ててきているかつての湯ノ岱駅。

イメージ 3

かつてはこんなに綺麗だったのにやはり手入れされないとこうなってしまうんでしょうね~

そんな旧湯ノ岱駅で天ノ川駅を運営していた「北海道夢れいる倶楽部」が10月11日にイベントを開催するというのです!

このまま衰退してしまう旧江差線廃線区間の沿線が少しでも賑わえばいいですね。

廃線を有効活用した取り組みはかつてのふるさと銀河線でも行われているので、今後とも継続して行われることを切に願っています。

イメージ 4
↑鉄道コムランキング参加中! 江差線についてもこちらで↑


1年前の今日江差線の木古内~江差間が廃線となりました。
廃線から1年経過し廃線跡の活用等新たな問題が沿線3町の問題となっているようです。

江差線の写真公開前に今江差線が抱える問題をご覧ください。

江差線:廃止から1年 新幹線ブームの陰で、沿線地域は今

4/10 毎日新聞

 来年3月の北海道新幹線(新青森−新函館北斗)開業まで1年を切った。沿線自治体などが経済波及効果に期待を膨らませる一方、在来線のJR江差線は昨年、木古内−江差間が廃止されたのに続き、新幹線開業時には残る五稜郭−木古内間もJRから経営分離されて第三セクターに移管され、多難な前途が待ち受ける。12日で江差線廃止から1年。沿線地域の今を報告する。【遠藤修平】

 ■「観光に大きな痛手」

 「物悲しい雰囲気ですね。去年とは大違い」。さびたレールとペンキがはがれ落ちた旧桂岡駅舎(上ノ国町)を前に、札幌市から訪れた男性(48)は寂しげに話した。

 昨年5月11日の最終営業運転の直前にも訪れ、その後の様子を見に来たという。1年前は見納めにと、全国から多くの鉄道ファンらが訪れた。だが今、人影はほとんどない。

 JR北海道によると、廃止された木古内−江差間(42・1キロ)のレールや駅舎は沿線自治体と協議して撤去するかを決める。主な踏切23カ所は既にレールが剥がされ、車が一時停止しなくても通行できるようになった。

 江差町は江戸時代からニシン漁で栄えた檜山地方の中心地で、夏には道内最古といわれる姥神(うばがみ)大神宮渡御祭や江差追分全国大会などが開かれるが、昨年は観光客から廃線で不便になったとの声も聞かれたという。

 町追分観光課は新幹線開業で観光客増加が見込まれる一方で、「廃線は大きな痛手」としている。町は廃線跡地に町営住宅を建てたり、廃線跡を歩くツアーを検討したりするなど活用法を模索している。

 ■代替バスは利用者増

 廃線後、同区間には函館バスが代替バスを運行している。JRと同じ1日6往復で、旧江差線に沿った道道を走る。運賃は約2割高く、所要時間も30分弱長くなったが、沿線住民の生活への影響はそれほどないという。

 廃止区間の中間地点にあたる上ノ国町湯ノ岱(ゆのたい)の温泉施設で働く女性(53)は「列車の音が聞こえなくなって寂しく感じるが、客足は廃線前とほとんど変わらないし、バスもあり、特に不便は感じない」と話す。

 函館バスは廃線の半年後、終点をバスターミナルから利用者の多い江差町内の道立病院や江差高校までに延長。平均利用者数は1日当たり30人から100人近くに増えた。路線や停留所を柔軟に変更できるのがバスの強みだ。同バスは「今後も新幹線開業などのタイミングで、路線の見直しを検討したい」としている。

 ■10年間で赤字23億円

 残る五稜郭−木古内間(37・8キロ)は道と函館市、北斗市、木古内町が出資する第三セクター「道南いさりび鉄道」が経営を引き継ぐ。しかし、元々利用者が少ない区間だったこともあり、開業後10年間で約23億円の赤字が見込まれている。

 昨年7月にまとめられた経営計画によると、運賃は約1・3倍に値上げするとされている。また、三セクが乗り入れるJRの五稜郭−函館間に初乗り運賃が加算されると、上磯−函館間は現在の260円から460円にと1・77倍になり、同区間のバス(440円)よりも割高になる。道は乗り継ぎ割引を適用する方針を示しているが、具体的な料金は未定だ。

 沿線地域の人口減少も進行しており、三セク化予定区間の1日当たりの利用者は2016年度の2148人から、10年後には1805人にまで落ち込むと予想されている。

 北斗市は函館市のベッドタウンとして通勤・通学でJRを利用する住民が多い。通勤で七重浜駅から函館駅まで利用するという会社員の男性(47)は「新幹線が来るのはありがたいが、通勤手段が値上がりするのは困る。バスや車通勤を検討しないといけないかも」とため息を漏らした。

 新幹線開業に歓迎ムードが広がる陰で、地域住民は移動コストの負担増を懸念している。


イメージ 1

江差線も前途多難って感じですよね~
上の記事にも描いてありますが、来年江差線が「道南いさりび鉄道」に移管された際の運賃増は1.3倍となっているそうですが、移管に伴い近い区間である上磯~函館間は260円から1.77倍に跳ね上がるそうです。
これじゃ地域住民も鉄道を使えないですよね~同じ区間のバスのほうが安くなるんだったら時間がかかってもバスを使ったほうが経済的ですから・・・

地域住民のために五稜郭~木古内間を残せと言ったのは沿線自治体なんですよ?なのに地域住民が遠のきそうな運賃にしようとしている・・・
確かに運賃を上げないと赤字が拡大するから仕方ないんでしょうけど、その辺はやはりJR北海道が支援するなりしないといけないんじゃないでしょうかね?
赤字を補填してやるぐらいはしないと・・・

いっその事、函館駅と函館本線 函館~新函館北斗間も「道南いさりび鉄道」に譲渡すればいいんじゃないでしょうかね?
そうすれば、新幹線からのアクセス客も売上に出来るわけだし・・・

そのような大々的な見直しをしなきゃ多分赤字はどんどん拡大すると思います。あとは、JR北海道が方針転換して「寝台特急を残す!」という決断を下さなきゃいけないと思います。まあ、その場合相手先であるJR東日本とも協議は必要になりますが・・・

いずれにせよ、今のままでは何も解決はしないでしょう。そもそもの問題として本当に北海道新幹線が必要なのか?今ひとつ考えていただきたいと思います。
この件についてはまとまり次第記事にしたいと思います。


さて、今までは江差線が抱える問題点を紹介してきましたが・・・
1年前を思い返してみましょう。大いに賑わいを見せた江差町等の沿線自治体。今や閑古鳥状態です。時より道内から廃線マニアが来ているようですがそれも数人のようです。そんな江差線が賑わっていた時の写真でまだ未公開の写真を数枚紹介したいと思います。

イメージ 2

夜の江差駅に停車中のキハ40
いずれはこの車両も「道南いさりび鉄道」に譲渡される

イメージ 3

在りし日の江差線終端部
今の終点木古内には江差線に終端は存在しません。それは海峡線につながっているから・・・

イメージ 4

江差駅の名所案内。さすが江差駅!見どころ満載ですよね~
しかし、注目していただきたいのがすべて20分以上を要するという点。
この駅がいかに街の中心から離れていたかということを物語る名所案内です。

一方でこちらは湯ノ岱駅・・・

イメージ 5

駅から至近距離にある湯ノ岱温泉のことがちゃんと記載されています。
どうやら湯ノ岱温泉は国民温泉保養地なんですね~

イメージ 6

最後は江差線の除雪風景・・・
湯ノ岱の側線にいた除雪車は側線を転戦して本線へ・・・

その後この除雪車は江差方面へ除雪しに行った。


いかがでしたでしょうか?江差線の現状と反映していた頃の写真は・・・
来年、北海道も大きな転換期を迎えます!今後も要注目という感じです!

イメージ 7
↑鉄道コムランキング参加中! 江差線についてもこちらで↑

このページのトップヘ