Project JRS公式ブログ

只見線を応援する同人サークル「Project JRS」公式ブログ! Project JRSでは茨城県及び北海道も応援しています!

カテゴリ: JR北海道


はて?この書庫を使用するのはいつぶりなんだろうか?
 よくよく見ると前回の記事もJR北海道ですね~www

ということで今回もJR北海道から道北ではかなり有名な駅そばのお店が閉店してしまったので報告がてら紹介していきたいと思います!

皆さんはこの漢字読めますか?
音威子府

日本では難読地名の一つとして名高い北海道の地名です。
正解は「おといねっぷ」です。

場所は、名寄からさらに北へ行った場所。
北海道では最小のむらとしても有名なこの音威子府ですが、豪雪地帯としても有名で、沿線を走るJR宗谷本線ではDE15牽引のラッセルが走る場所として有名な場所です。
さらに言えば、かつては天北線が分岐する駅としても有名でしたよね~
駅構内には天北線にまつわる資料が展示されたスペースなどもあります。
20200216_103415
その、音威子府村の名産となっているのが「音威子府そば」と呼ばれるご当地そばです。
この音威子府そばの特徴としては、そばの実だけではなく、皮も全て挽いて粉にするため、真っ黒のそばで風味の強い独特のそばで、そばつゆもそばの強い風味に負けない濃い味のものとなっています。
20200216_094808
その中でも、音威子府駅の中に店を構える「常盤軒」は日本全国から多くのそばファンや駅そばマニア、鉄道ファンなどが訪れる名店であり、駅の利用客数は50人程度と少ないながらもこのお店だけは、土休日ともなると200食ほど売れ昼過ぎには完売してしまうほど盛況なお店でした。

この常盤軒を経営していたのが、近くに住んでいた西野守さんと奥様のお二方です。
1933年(昭和8年)に西野さんの祖父が創業しかれこれ88年も音威子府で親しまれてきたお店ですが、店主の西野守さんが死去したことにより、惜しまれつつ閉店という運びになってしまいました。

近年は営業していない日も多かったのですが、昨年2月に体調が良くなったことから営業を再開しましたが、2月末ぐらいからまた体調を崩し始めたため営業していませんでした。

私が昨年行った際には、奇跡的に営業をしていた日だったためこのおそばを食べることが出来ました。

その日、私は稚内から始発の特急で音威子府に降り立ち、開店するまで2時間ほど駅で待ってました。
やはり、その当時も先に奥さんが店の開店の準備をはじめ開店する10分ほど前にご主人が来るというような感じでしたので、やはり体調的にはあまりよろしくなかったんじゃないかと思っています。

けど、全国から来るファンのために営業をしていたというご主人の思いはとてつもなく素晴らしいと思います!

昨年、食べた者としてここにお悔やみ申し上げるとともにご冥福をお祈り申し上げます。

そんな音威子府の名産である「音威子府そば」ですが・・・
他にも食べるところがございます。その中でも駅から一番近いのが「道の駅おといねっぷ」でしょうか?かつてはこの道の駅の食堂も潰れていたんですが、2020年2月現在では再開したようだったのでこの道の駅で食べることが出来るかと思います。
20200216_090608
ここまでは、音威子府そばについてかいて来た訳ですが・・・
鉄視点での注目ポイントも書いていきたいと思います!

常盤軒が入る音威子府駅は、バスのターミナルを兼ねる「交通ターミナル」となっています。
駅構内には、宗谷バスの出札所があるほか、音威子府村地域バス(咲来・天塩川温泉方面)が発着していますが、着目点はそこじゃなく駅の出札側を見ていただきたいんです!
20200216_093436
コレです!

最近はなんやLCDやLEDでフルカラーがどうだこうだと首都圏ではうるさいですが音威子府駅の発車案内板はフラップ式案内表示機よりもかなりアナログなコレですよ!

上に行先が並んでおり、その下に「のりば」の掛札をかけるというかなりなアナログな仕様です!
どうです?こんなの首都圏やましてや北海道でもかなりレアな案内表です!

音威子府は、ラッセルが走行する冬は毎年のように行っていたんですが、今年は残念ながらコロナの影響で行くことが出来なかったのが本当に悔やまれます。

ただ、名物のおそばを食べれて本当に良かったな~と思っています。

まだ、食べたこと無い方はインターネットでも「音威子府そば」は注文できるようですので是非!この機会に興味を持って頂ければ幸いですし、惜しまれつつ閉店した常盤軒のためにもこのそばがもっと有名になってくれることを私は切に願っています!

今まで本当にありがとうございました!
天国でも音威子府そばを作り続けていただきたいですね~

鉄道コムバナー
↑ 鉄道コムランキング参加中 駅そばについてもこちらで? ↑


先日、JR北海道からこのようなプレスが出ました。

●特急「宗谷」「サロベツ」の使用車両の変更について

20200215_062823
このお知らせによると通常、キハ261系0番台で運用されている宗谷線特急「宗谷」(札幌~稚内)「サロベツ」(旭川~稚内)の使用車両をつい先日デビューしたばかりの超高額な特急ディーゼル車両であるキハ261系5000番台(はまなす編成)に置き換えるという発表です。

前々から決まっていたことではありますが、ついにという感じですかね。。。
DSCF9161

もともと宗谷本線では2017年春のダイヤ改正までは、札幌~稚内間をキハ183系が1往復、キハ261系が2往復入っておりましたが、キハ183系の老朽化に伴い2往復を札幌~旭川間を区間廃止、1往復は従来通り札幌直通を残したうえですべての列車をキハ261系0番台へ置き換えられました。
20200216_063429
しかし、キハ261系0番台は検査や故障などで離脱することが度々ありその都度キハ183系が舞い戻ってきたり、観光用のジョイフルトレインであるノースレインボーエクスプレスを代走に起用したりと運行が不足することがありました。

今回、このキハ261系5000番台の投入によってノースレインボーエクスプレスが代走に入ることは無くなるかと思われます。
もともと、ジョイフルトレインですから臨時運用に入ることはあっても定期特急列車を代走するという事はあまり無いはずなんですけどね。

JR北海道が無理やり車両をやりくりしているという事がよく分かる事象なんではないかなと思います。
________________________________________

さて、今回このキハ261系5000番台投入によりノースレインボーエクスプレスがどうなるのか考えていきたいと思います。

まず、このノースレインボーエクスプレスとは・・・
ノースレインボーエクスプレス (North Rainbow Express) は、北海道旅客鉄道(JR北海道)が1992年から運用している気動車で、ジョイフルトレインと呼ばれる車両の一種です。キハ183系に属し、5200番台を称しています。

編成は函館・稚内側から キハ183-5202 (ラベンダー) - キハ182-5251 (ブルー) - キサハ182-5201 (ライトグリーン) - キハ182-5201 (オレンジ) - キハ183-5201 (ピンク) の5両編成となっています。
20200216_063535
ジョイフルトレインなので、客室は展望性を重視して高床式を基本とし、中間に2階建て車両が連結されている。
側窓は屋根肩にまでかかる曲面ガラスで、天窓を設けています。
座席はリクライニングシートで、シートピッチは960mmなので一般の車両よりは快適かもしれません。

前々からこの車両はキレイだったので好きだったんですが・・・
今年2月、稚内に行った際に偶然にもサロベツが代走でこの車両に当たり物凄く印象に残りましたね~

ちなみにこの車両かつてはED79牽引により本州への乗り入れも果たしている。
なので、電気機関車に牽引されれば青函トンネルも通過可能という事である。
________________________________________

と、ノースレインボーエクスプレスの車両についてはこのぐらいにして本題へ!
前述の通り、デビューしたのは民営化後の1992年です。すでに28年ほど経過しております。

北海道という極寒の地での運用という事もあり、車内の老朽化は否めないところはありました。

現に、現在も苗穂工場入場中との噂ですし編成がばらされていたという情報も入ってきています。
まあ、ただ単に検査をしてるという可能性もありますが、キハ261系5000番台が宗谷線特急の運用に入るという事はもうノースレインボーエクスプレスが宗谷線特急を代走することは無くなり、本格的に臨時列車のみの運用になるのか?それとも本当に引退してしまうのか?

現状では、何もわからないことだらけですがまた運用に復帰してもらいたいですね~

それでは、最後に貴重なノースレインボーエクスプレス発車シーンを2本お届けします。

❶函館から発車するノースレインボーエクスプレス

2014年4月、臨時特急北斗として函館にやって来たノースレインボーエクスプレス
当時は、津軽海峡線特急が使用している函館8番線に札幌方面行が入線するという貴重なシーンです。
また、現在でもおなじみの函館駅専用の発車メロディーも収録されています。

➋冬の音威子府駅を発車するサロベツ代走ノースレインボーエクスプレス
2020年2月16日、代走で宗谷本線にやって来たノースレインボーエクスプレス
日本有数の豪雪地帯である音威子府村の代表駅:音威子府駅から発車するノースレインボーエクスプレスです。
見どころとしてはホームとの段差がすごい!そして雪景色とレインボーのコラボレーションが物凄くキレイです!


鉄道コムバナー
↑ 鉄道コムランキング参加中 ノースレインボーEXPについてもこちらで ↑


ココから先は、個人的な見解が含まれるので予めご了承の上読み進めてください!










疑問!
そもそもなぜ、デビューしたばかりのキハ261系5000番台が宗谷線特急運用に入るのか?

もともと0番台はSE100(2両)+SE200(2両)の4両編成で構成されており、SE101~104の8両、SE201~203の6両となっている。運用ではSE100+200で構成するので、最低でもSE100×2+SE200×2の4ユニットは必要になってきます。
しかし、現在SE200の1ユニットが重要機器取り替え工事施工中につき増結用として残っているSE100の1ユニットしか予備がないのです。

なので、故障や修理などで1編成が離脱した場合代走が必要になる。今回11月末~翌年2月末までの5000番台代走は0番台1編成がおそらく何かしらの検査や修理などで離脱するから行われるのではないかと推測しております。あくまでも個人の見解です。

この検査や修理が終了すれば、また通常通りに戻るものと思われます。


2018年年度末となった今日!
夕張メロンで有名な夕張市の夕張駅~石勝線の新夕張駅を結ぶ石勝線夕張支線が126年という歴史に終止符を打ちました。

イメージ 1

あいにく、北海道によく行く私もこの線だけは乗ったことないんですよね~

だから思い入れが有るかというと無いのですが、やはり昨年の三江線と同じように鉄路が無くなるというのはなにかと悲しいものです。

そんな石勝線夕張支線の歴史を簡単に振り返っていきましょう!

ときは、1982年11月・・・
北海道炭礦鉄道室蘭線の支線として、追分駅~夕張駅(初代)<現在とは異なる場所>間が開業したことから始まります。

その名の通り、もともとは石炭を輸送するためだけの路線でした。

1906年10月・・・北海道炭礦鉄道室蘭線が国有化されます。

1909年10月には国有鉄道線路名称制定に伴い、追分駅~夕張駅(初代)間および紅葉山駅~楓駅(初代)間が夕張線という名称を与えられます。

けっこうな年代の方だと、夕張線のほうが知っているという方も多いようです。

その後、増加から複線化されたのに減少により単線化という経緯を経たのち、準急「夕張」という列車も運転されました。

1972年・・・格上げされた急行「夕張」が廃止となり、優等列車は石勝線開業までなくなります。

1981年に、千歳空港(現:南千歳)~追分間、新得~新夕張間が開業したため、名称が石勝線の支線という扱いになる。

その4年後の1985年10月に夕張駅の位置が約1㎞ほど手前の旧夕張鉄道 夕張本町駅跡地に移設された。
移転の理由としては、初代の駅舎が夕張市内から少し離れた場所にあったということで、市の中心部に駅を移設することになったため。
(当初は石炭輸送を目的としていたので炭鉱の近くに駅を設置していたから)

民営化され、1990年観光・リゾートに特化した夕張市はさらに約1㎞ほど手前にあるホテルマウントレースイ前に駅を移設することになり現在に至る。
それに伴い、1面1線の棒線化した質素な終着駅となってしまった。。。

2004年3月には北海道で最後まで現役だったタブレット閉塞と腕木式信号機がなくなりました。

それからも夕張市が財政破綻したりしましたが、鉄路だけは残りましたが、やはり人工の減少には歯止めが効かず、経費削減、利便性向上を掲げる夕張市とJR北海道が会談を行い2016年8月8日夕張市が廃止を条件付きで容認した。

当時としては、市側からの廃止容認ということで記事をざわつかせたのを皆さんも知っているでしょう。
(基本的には鉄路が廃止になる場合、沿線自治体は反対するものですからね)

これにより、廃止手続きが加速する!

2018年3月26日・・・
国土交通大臣に新夕張~夕張間の16.1㎞を廃止するという「鉄道事業廃止届」を提出し2019年4月1日付(最終運行は3/31まで)で廃止することが確定!

そして、本日19:28・・・
夕張発追分行きの最後の列車が発車し126年という歴史に終止符が打たれた。

紆余曲折あり、かつて私鉄だった夕張支線でしたが、126年という長い歴史を夕張市とともに歩んできました。
徐々に衰退していくかつての炭鉱の街・・・夕張市が観光、メロンで有名な街へと変貌する様を見続けたのです。

イメージ 2

夕張支線は無くなりますが、石勝線も見どころ満載です!
前述のように、新夕張駅はかつては紅葉山駅という名称でしたし、その隣駅だった楓駅(現:楓信号場)も移設を繰り返しているので、石勝線の途中駅で降りてみるのも良いかもしれませんよ!

もちろん、そのついでに夕張にも足を運べば地域振興に繋がるのではないかと思います。

これが終わりじゃありません!これから新たな夕張市がスタートするのです!

イメージ 3
↑鉄道コムランキング参加中 夕張支線廃止についてもこちらで↑


先週、ダイヤ改正でいろいろなものがなくなりましたね。
毎年恒例の「音と映像で残す列車たち」シリーズも今回はしませんでした・・・

今回のダイヤ改正で無くなった「エアポート成田」は今回取材をしていますので後日書いていければと思っています。

さて、現在私は北海道に来ております!
昨日、鉄道での観光途中にキハ40系を置き換える予定で製造されたH100形気動車の量産先行車の試運転を目撃したので、お知らせしておきたいと思います。

イメージ 1

最初に目撃したのは札幌到着時です。
時刻にして12ː10頃 函館本線を小樽方面へ北上していきました。

その後の電車で追っかけしたところ、13:14に余市で追いつきました。
余市で列車内から撮影しかしていないのですが、量産先行車の2両編成で運転されています。

イメージ 2

通常試運転だと室内をカーテンで閉め切っていることが多いのですが、今回目撃した際はフルオープンの状態でした。

その後、どうやらそのまま長万部方面へと行ったようですが、どのような行程で移動したのかは不明です。

ただ、俱知安16:45発の小樽行きで戻った際には余市~俱知安間にはいなかったので恐らく小樽15:05発が発車する前に長万部方面へ行ったのではないかとおもわれます。

まだ、マスコミにも報道公開されていないH100系の車内は気になるところです。

イメージ 3
↑鉄道コムランキング参加中 H100形についてもこちらで↑


日頃、このブログを見てくれて誠にありがとうございます。
また、最近はめっきり更新しなくなりまして誠に申し訳なく思っております。

今後とも見て頂ければ幸いです。

さて、先週北海道に旅行に行っておりました!
今回の目的も昨年と同様に宗谷ラッセルの撮影を目的に行ってきました!

イメージ 6
@天塩川温泉駅 (2017年2月)

ここ最近ではディーゼル車のラッセル車は見られなくなってきておりますが、ここ北海道の宗谷本線と石北本線では今でもDEを使ったラッセル車を見ることが出来ます。

豪雪を跳ね除けて進むラッセル車は本当にカッコイイものです。

今日は、旭川運転所に所属するラッセル車を少しご紹介したいと思います!

イメージ 1

旭川運転所のラッセル車は前後に雪除けのラッセルを取り付けその真ん中にDE15を挟み込んで動かしています。

イメージ 2

現在、旭川運転所には13両のDE15が在籍しています。
その気動車が日替わりで運用についています。

イメージ 3

その他、石北本線では複線式のラッセル車も運用に入っています。

しかし、走行シーンの雪を跳ね除けている姿はやはり圧巻です!

イメージ 4

そんな、旭川のラッセル車を皆さんも見に行ってみてはいかがでしょうか?

イメージ 5
↑鉄道コムランキング参加中! 宗谷・石北ラッセルもこちらで↑

このページのトップヘ