Project JRS公式ブログ

只見線を応援する同人サークル「Project JRS」公式ブログ! Project JRSでは茨城県及び北海道も応援しています!

カテゴリ: ┣カシオペア


昨日、信州カシオペア紀行が運転されました。
前回運転時は「信州カシオペアクルーズ」として高崎所属のEF64-37が全区間を走行し話題を呼びました!

そして、今回の運転はと言うと・・・
当初EF64-37が前回に引き続き牽引有力となっていたのですが、突然の故障により緊急登板となったのが、同じ高崎に所属するEF64-1001です。

イメージ 1

このEF64-1001はEF64-37とは違い白いラインが入っているのが特徴です。

今回のカシオペアもヘッドマークがなくカシオペアらしさがまったくない感じです。

イメージ 2

さて、ここで本題です。
茶釜と銀の車体のカシオペアなんですが皆さんにはどう見えるでしょうか?

イメージ 3

今回もどこで撮影するか迷ったんですよね~
当初、北松戸近くで撮影をしようかと思っていたんですが結局金町で撮影してしまいました。

常磐線沿線も通常走らないカシオペアが走るということで沿線に撮影者だらけで、駅員総出で警備にあたってましたね。

イメージ 4

そんな、信州へ行くカシオペア紀行の運転は残り1回です!
すでに尾久にはカシオペアの後継となる「トランスイート四季島」が試運転を開始しています!

カシオペアが牽引機に牽かれて運転されるのも残り少ないのかもしれません。

客車は牽引機に牽かれてこそ価値が見いだせるので、色々な機関車に牽かれている姿を見れることが何よりも良いんですよね~
それが、客車のいいところなのです。

その点心配なのが、次期クルーズトレインとなる四季島ですね。
多分デビュー当初は撮影者が居るかと思いますが、じきに飽きられて撮影する人も居なくなるでしょうね。何しろあの前面ですから・・・両先頭車が違う客車と列車の違う所です。

さて、次はカシオペアの車体と機関車のどんな組み合わせが見られるのでしょうか?

イメージ 5
↑鉄道コムランキング参加中! 信州カシオペア紀行についてもこちらで↑


本日!初めて信州に行くカシオペアの詳細が発表されましたので紹介していきたいと思います!

イメージ 1

経由線区は常磐線→武蔵野線→中央本線を経由して松本へと向かいます。
信州カシオペア紀行についても同上のルートで長野へと行くようです。

まさかの常磐線・武蔵野線経由というのが正直驚きましたね~
おそらく出発番線は上野13番線でしょうからそこから常磐線に入って馬橋から武蔵の貨物線を通って武蔵野線へ入り西国分寺付近にある武蔵野貨物線から中央線へと入るルートとなります。

出発時刻については、同じの16:20頃発となります。
ただ、時刻については不明ですね~常磐線(北千住・松戸)や武蔵野線内で通過待ち等が発生する可能性が発生しそうです。

松本への到着が9:00・長野への到着が11:43となっているそうですので、多々通過待ちや長時間停車が想定されると思われます。

旅行代金は大人2人1室の利用で1人あたり、「カシオペアスイート(展望室タイプ)」が50万円、「カシオペアスイート(メゾネットタイプ)」が43万円、「カシオペアデラックス」が40万円、「カシオペアツイン(2階)」が30万円となっています。
クルーズ料金や観光代金が含まれているとはいえ高すぎる!
こんなクソ短い距離に30万~50万とかもったいないと庶民的には思います!

上野~長野間を運転する「信州カシオペア紀行」については各旅行会社が販売し、クラブツーリズムだと12万~20万。びゅうだと9万5千~20万と多数のプランが用意されているそうです。

さて、疑問となるのが牽引機ですよね~
中央線といえば極小トンネルがあることにより通常の大きいパンタグラフを搭載している列車は侵入が出来ないという関係もあるのですが、客車ですので関係してくるのは機関車ということになります。
中央本線には工臨等で使用する高崎所属のEF64が甲府に常駐しているということもあるので有力なのはEF64・EF65又はEF64の重連ということも考えられます。

もちろんEF81という可能性もありそうですが、わざわざ交直両用のEF81を中央線に入れるということはしないと思われるので、おそらく高崎か長岡のEF64又は田端の所属するEF65という可能性もあるかと思います。

イメージ 2

最後にこれからのカシオペア運転予定をまとめておきましたのでご参考ください!

7/23・24 カシオペア紀行(上野~札幌)
7/30・31 カシオペア紀行(上野~札幌)
8/6~9 カシオペアクルーズ(上野~日本海縦貫線経由~札幌)←一応これが最後の渡道
8/13・14 運転予定なし?
8/20・21 盛岡カシオペア+新幹線
8/27・28 盛岡カシオペア+新幹線
9/3・4 カシオペア紀行(上野→盛岡)
9/7~10 信州カシオペアクルーズ
9/17~ 信州カシオペア紀行(上野~長野)
9/29~ 信州カシオペア紀行(上野~長野)

※恐らく記載のない土日は盛岡カシオペア紀行が運転されるのだと思われます。

今後の焦点は、10月以降の運転予定で札幌まで行くかどうかというところでしょうかね~

イメージ 3
↑鉄道コムランキング参加中! 信州カシオペアについてもこちらで↑


ここ2週間更新せず申し訳ありません。
同人誌製作をしていたり仕事が忙しかったりしたので、更新できませんでした。

ある程度区切りも付きましたし同人誌の製作もほぼ完成しましたので、少しずつ更新していこうと思います。


3月の北海道新幹線開業以降定期運行が廃止となった「カシオペア」
6月に「カシオペアクルーズ」「カシオペア紀行」として再度運転されるようになりましたが、今日気になるプレスがJR東日本から発表されました。

イメージ 1

私もほぼ毎週のようにEF81運転となったカシオペアを見に行っていましたが、それが8月の運転で終焉するかもしれません。

本日JR東日本から発表されたプレスによると・・・

9月以降は上野発盛岡着の片道運転(カシオペア紀行として運転)

と記載されています。
これが意味すること、北海道へ・・・
もとよりIGR・青い森・いさりび鉄道への乗り入れをもうしない可能性があるのです!

イメージ 2

ただ、違う解釈から考えるとまだ運転する可能性も残っています。

9月・・・
それは、北海道の収穫の時期なのです。北海道産のジャガイモ等の生鮮野菜を本州へと送り届けるため多くの貨物列車が東京や大阪・福岡へと運んでいきます。
つまり、北海道のDF200や青函区間のEH800は大忙しでカシオペアの為に貸し出す余裕は無いのです。

だとすると、その間だけは違う方面に足を伸ばしたり、同上のように盛岡着の運転にするのも分からなくはありません。
片道運転にするのはおそらく盛岡から戻る需要がないからでしょう。

そう考えると秋の収穫時期が終わればまた運転される可能性は残されているかと思います。年末とかは運転する価値がありますからね~

私はこの運転が最後の渡道にならないことを望んでいます。

イメージ 3
↑鉄道コムランキング参加中! カシオペアについてもこちらで↑


本日より正式にカシオペアが復活しました!
その模様を撮影してきたので報告がてらリポートしたいと思います。

時刻は15:30頃・・・

尾久方よりいつも通り推進回送して上野13番線ホームへと入ります。
入線時刻は今までと大差無いように感じました。

ちなみに13番線の表示はというと・・・

イメージ 1

「団体」と表示するだけでカシオペアの文字は1つもありませんでした。
駅員の放送も「まもなく13番線に列車が参ります。折返しは団体専用列車です。」と言うだけでカシオペアとは一言も言いませんでした。

側面表示も団体専用列車であることからか・・・

イメージ 2

カシオペアクルーズの時と同じ「特急 カシオペア」しか表示していませんでした。

カシオペア紀行も札幌まで行くんですから従来と同じように

イメージ 3

この表示して欲しかったのが正直の感想ですかね・・・

また現在の状況を言うと、団体専用列車であることから「どこトレ」にも表示されませんので、追跡もできないという状況です。
上野発についてはほぼダイヤ改正前の通りでの運転となっているようですので、青森まではだいたい想像がつくかと思いますが、青森から先の区間については正直どのようなダイヤなのか検討がつかないです。

青森以北で撮影される方はダイヤを大まかでも把握していないと撮影が厳しいかと思います。

イメージ 5

今回のカシオペア紀行の牽引機は上野~青森間を田端運転所所属のお召専用機「EF81-81」です。
田端運転所の中では唯一のローピンです。

一応、解説だけしておきます。

イメージ 7

現在田端運転所に所属するEF81形電気機関車は「EF81-80」「EF81-81」「EF81-95」「EF81-97」「EF81-98」「EF81-133」の全6両でその内の81号機はローズピンク塗装のお召機、95号機は「スーパーエクスプレスレインボー」専用機だったレインボー塗装となています。それ以外は北斗星色(流星塗装)となっています。


上野で一通りの撮影を終えたので、いつも通り東十条へ・・・

イメージ 4

まあまあ、相変わらずの微妙な感じで撮影を終えました。

イメージ 6

今まで牽引を担当したゴトーさん(EF510形電気機関車)とEF81で比較するとどうでしょうかね?

EF510はカシオペア塗装だったので銀の機関車と客車が見事にマッチ、EF81だと客車と機関車の色の違いがあるので見栄えが良い・・・

皆さんはどちらがカッコよく見えますでしょうか?

来週も運転があるカシオペア紀行いつまで運転されるかわからないからこそ撮影する価値が有るかと思います。

まだ撮影していない方は撮影に行ってみてはいかがでしょうか?

イメージ 8
↑鉄道コムランキング参加中! カシオペア紀行についてもこちらで↑


今日で津軽海峡線に特急列車が走らなくなって1ヶ月となりました。
485系もニートになっているそうです。いずれ廃車解体されてしまうと思うと少し悲しいですね~

まず、お知らせです!
水曜日から「存続か廃止かで揺れる只見線の現状」、本日から「特急「はくたか」よ永遠に」の通販がスタートしました!

双方とも直接頒布の時より手数料+送料が加算されるため値上げしております。
また、只見駅内にある「只見町観光まちづくり協会」の方で同人誌「存続か廃止かで揺れる只見線の現状」を展示していただけることになりました。
尚、こちらでは販売はしていないので予めご了承ください。

現在、Project JRSとしては活動を休止している段階ですが、通販及び只見町でもご覧頂くことが出来ますので今後ともよろしくお願い致します。

さて、昨日やっとツアー列車「カシオペア」の詳細が発表されましたのでご案内していこうと思います。

イメージ 1

「カシオペア紀行」の概要
①運転区間 上野駅~札幌駅間
②運転時刻 上野発(16:20 頃)→札幌着(11:15 頃)
      札幌発(16:38 頃)→上野着(11:52 頃)
③編成 12 両編成(カシオペア車両)
④車内サービス 
 ダイニングカーでのコース料理、和食の提供のほか、乗車する皆さまにカシオペアスペシャル弁当を用意いたします。朝食も同様にダイニングカー・客室で提供いたします。

「カシオペア紀行」の運転日と旅行企画実施会社
・6月 11 日(土) 上野発・12 日(日)札幌発 びゅうトラベルサービス
・6月 18 日(土) 上野発・19 日(日)札幌発 阪急交通社
・6月 25 日(土) 上野発・26 日(日)札幌発 びゅうトラベルサービス
・7 月 9 日(土) 上野発・10 日(日)札幌発 日本旅行
・7月 16 日(土) 上野発・17 日(日)札幌発 読売旅行
・7月 23 日(土) 上野発・24 日(日)札幌発 びゅうトラベルサービス
・7月 30 日(土) 上野発・31 日(日)札幌発 JTB

旅行代金 大人 1 名様あたり(カシオペアツイン 2 名 1 室利用)
6 月 11 日(土) 上野駅発着 カシオペアツイン 69,800 円
6 月 12 日(日) 札幌駅発着 カシオペアツイン 69,800 円
※当ツアーではカシオペアツインのみの設定となります。お部屋指定は承れません。
※1室1名様でもご利用頂けます。1 人部屋追加代金:50,000 円


イメージ 2

注目して欲しいのは上野発の時刻についてです!
これは、ダイヤ改正前の時刻とほぼ一緒ということです。札幌発については大幅に変更されていますが、また上野~札幌を結ぶ列車が運転されるのはいいことですね。

今回は、ツアー列車なので大手旅行代理店を経由しての発売となります。
大幅にJR東日本傘下のびゅうプラザがシェアを握っている感じですが、日本旅行やJTB等でも販売される予定です。

そして、一番肝心なのが金額ですよね~
なんと!69,800円です。ちなみに2016年3月までの臨時寝台特急「カシオペア」は、上野~札幌間の「カシオペアツイン」2名1室片道利用で大人ひとり35,230円でした。(運賃:18,440+寝台料金:16,790)
なので、今回発売されるカシオペア紀行は臨時列車時代の約2倍ということになります。
今回のカシオペア紀行は1人で利用すると+50,000円加算されるようです。

夕食には「カシオペアスペシャル弁当」が提供されるほか、朝は客室で軽食が用意されます。記念乗車証と記念品も付くとのこと。

なお、割増料金を支払うとダイニングカーで夕食と朝食が楽しめるそうですが、こんなに高いと庶民には利用できないですね。。。
また、停車する駅は上野と大宮のみだそうで、それ以外の駅についてはおそらく運転停車だけなんじゃ無いかと想定されます。

「カシオペアクルーズ」については、今までとあまり大差がないようですが、金額は46万~とかなり強気な値段設定となっています。
行程も今まで同様、高崎・上越・羽越・奥羽経由で札幌まで行って東北本線で戻るという3泊4日の行程となっています。

復活するのは嬉しいですが、さすがに乗ることは出来ないですね~
復活したら撮影だけしたいと思います。

イメージ 3
↑鉄道コムランキング参加中! カシオペア紀行についてもこちらで↑

このページのトップヘ