Project JRS公式ブログ

只見線を応援する同人サークル「Project JRS」公式ブログ! Project JRSでは茨城県及び北海道も応援しています!

カテゴリ: ┣東北・上越新幹線


いよいよあと2日で東北新幹線が全線で復旧するわけですが・・・

今まで、いろいろありましたよね~
東北新幹線が被災したことにより関東と東北の移動がほぼ不可能な状態となり、高速バスは増便され混雑し飛行機は普段は飛ばない福島便が出たりこちらも増発されたりと東北新幹線がいかに大事な路線であるかを身をもって知ったかと思います。
IMG_20210214_205812
そこで、問題点を洗う前にこの2月13日に発生した地震によりどのような影響をもたらしたのか、振り返っていきましょう!

①東北新幹線が分断!

DSCF1253
⇒翌日の14日からは東京~那須塩原間、盛岡~新青森・新函館北斗間で運転を再開
 これにより、東北一の乗降客を誇る仙台へ行けなくなり高速バスの混雑が発生
⇒また突発的に185系による臨時快速を上野~那須塩原間で運転するも鉄オタにほぼ占領される

②高速バス・航空各社に増便要請
⇒また、JRでは昨年復活した常磐線を活かした臨時を模索する

③常磐線での臨時快速運行開始
DSCF1344
⇒15日からは常磐線特急「ひたち」を活かして2往復を仙台乗り入れ開始!しかし、1往復は悪天候で区間運休。
仙台に行けた1往復は約5時間遅れで仙台を折り返すも、何度も立ち往生し上野に到着したのは深夜2:30過ぎだった・・・

④東北本線でも臨時運転開始、一ノ関まで東北新幹線が復旧
⇒比較的被害が軽かった一ノ関まで東北新幹線が復活し、東北新幹線の運休区間は一ノ関~那須塩原間になる。しかし、東北一の都市である仙台・盛岡の行き来が出来ないことから臨時として701系盛岡色・盛モリ所属のキハ110を使用して仙台までの臨時快速を設定する。

⑤東北新幹線が仙台まで復旧!
⇒仙台まで復旧したものの那須塩原~仙台間はいまだ不通となることから元常磐線特急であるE653系を新潟から派遣し臨時快速として那須塩原~仙台間で運行開始する。

⑥そして2月24日!満を持して復活するも本数は2/3程度と通常時よりも本数減に・・・

おおまかに振り返るとこんな感じとなる今回の復旧劇ですが・・・
ここで浮き彫りになってくるのが、東北新幹線がいかに重要な役割を担っていたのかという点である。

それに、今回の臨時を見ても思う事ですが・・・
なぜ!東北本線経由の臨時を走らせなかったのかという点である。
DSCF1346
常磐線経由と東北本線経由では所要時間が大きく異なる。
かつての寝台特急ゆうづるは常磐線経由で運転していたが常磐線経由と東北本線経由では大幅に時間がロスするのである。それに常磐線は一部区間がいまだ単線となっている区間も存在し輸送力としてはかなり低いし何より海沿いを通ることから強風の被害を受けやすいのである。

それなのに、なぜ常磐線経由の臨時を設定したのか・・・

私が考える結論!それは・・・運行が紐付けやすいという点である。
特急ひたちは通常運転されていることからいわきまでの列車をそのまま運行区間を伸ばすことで運転することが可能になるというところである。

しかし、東北本線には現在・・・特急が走っておらずそのまま紐付ける列車が無いという点。そして最大のネックになるのが黒磯の交直切替である。
そう!この区間を通過するには交直両用の電車が必要になるという事。。。

常磐線特急は交直両用車であることから、通過することは可能だが東北本線の臨時の為に勝田から持ってくると編成が足りなくなり何かあった際に通常運転している「ひたち」「ときわ」が運転できなくなる恐れがあるため見送られた。
だから、常磐線で対応するしかなかったのである。

昨日より元常磐線特急であるE653系を使用して那須塩原~仙台間で臨時快速を運転しているが、新潟から何とか工面して予備編成を借りられたから出来たことであり、もし工面できなければ運行自体無かったかもしれない。
このプレスが発表された当初、鉄道ファンからはEF81が再登板かとかE657では?とかE653、大宮の651系か?ジョイフルトレインの485系華?E531系?キハ110?などいろいろな想像がなされていました。

以上の事からも分かる通り、JR東日本には交直両用の車両が少ないという点は非常に大きなデメリットになっているという事が言えるであろう。

約10年前・・・東日本大震災の際も東北新幹線が被災し東北本線に臨時が走ったことがその際に使用した車両はどこの車両基地にも居た国鉄形の485系だった。
54fb52d6.jpg
しかし、10年の月日が経過しその485系は、今はもう残っておらず臨時に出せるほどの交直両用車両は無く。
今、JR東日本に現存する交直両用車は・・・
特急形でE653系、E657系のみ。一般形ではE531系、E501系しかおらず到底臨時を賄うことは出来なくなってきている。

今、JRに求められているは東北新幹線が被災した際にいかに関東と東北の行き来を可能にするかという点である。
そのためには、まず交直両用の特急を増備し何があっても東北との行き来を切らさなくすることが求められるのではないかと私は思う。。。。

鉄道コムバナー
↑鉄道コムランキング参加中 東北本線を走った臨時についてはこちらで ↑


東北新幹線の本日、新たな動きとしては一ノ関~盛岡間が運転再開されました!
その影響から、仙台~一ノ関へ臨時快速が運転されております。

また、常磐線ではひたち2往復が仙台へ臨時快速として運転しています。
初日となった昨日は、1往復のみとなってしまったが遅れがひどかったにもかかわらず運休せず、最後まで走り切ったのは非常に素晴らしい出来事でしたね~

さて、東京側の「なすの」も本日から300番台での運転が開始されました!
2月14日・15日は通常の定期列車+500番台で運転されていたのに急に号数が変わりました。

さて、何があったんでしょうかね?

ということで・・・本日取材をしに上野駅へ行ってまいりました!
DSCF1278
前回とはまた変わり、300番台の号数が並ぶ東北新幹線の発車案内板・・・

しかも本数は1時間に1本という割合!
しかし、そこそこの乗車数を誇る・・・
う~ん・・・やはり東北新幹線は区間ぬん用でも必要不可欠なんだと改めて実感しました。

DSCF1288
そして、方向幕も前回とは変わり、300番台の号数が入っています。

フルカラーLEDの良い点はこの号数が入っているかどうかなんですよね~
通常の号数だとあまり面白みはありませんが、違う号数が入っているとなんか新鮮というねwww

さて、今回の号数も・・・
なんと!上越新幹線しかも「とき」の号数と被っています!!!

前回は、北陸新幹線の「はくたか」と号数が被っていましたが、今回は上越新幹線です。

前回の号数は550番台からという事で、「かがやき」の朝方の号数と被っていましたが・・・合間合間で定期列車の号数もあった事から特に問題視はされませんでしたが、今回はかなり被っています。

時間帯的にも発車標的にも・・・
という事で・・・この画像をご覧ください!
DSCF1307
上野駅新幹線ホームの発車標です。
右側に「とき327」「なすの325」左側に「とき329」ともうかなり近い号数があります。

これは前代未聞の事態ですよ!
前回の記事でも書きましたが、JR東日本の新幹線は基本的に号数がちゃんと決まっており、1~200番台が東北新幹線系統、300~400番台が上越新幹線系統、500~600番台が北陸新幹線系統となっており、東北新幹線に550番台や300番台の号数を振ることはまずあり得ないのです!

なので・・・今回300番台の号数が振られた時刻表を見て思わず「これ?上越新幹線の号数じゃね?」と驚きを隠せなかったですね~
DSCF1315
こちらもご覧ください!
コンコース上に設置されている「東北新幹線系統」と「上越・北陸新幹線系統」の発車案内板。
なんと同じ3段目に331号が並ぶというクレイジーな状態にwww

まあ、幸いにも方向が異なるので乗り間違えを起こすようなことは無いとは思いますが、同じ号数が見れるという奇妙な出来事が今!東京~大宮間で見ることが出来ます。

最後に・・・
前回の500番台の接近放送と今回の接近放送を動画にしましたのでそちらもご覧ください!
今回!なんと!
おまけとして今はもう聞くことが出来ない、大原さやかさんが担当してた時代の旧接近放送を入れております!

正直な話、今の接近放送なんか自動音声っぽくてあんまり好きじゃないんですよね~
特に英語のヤツ・・・なんて言うか感情がこもってないというかアクセントがなんか変という違和感しか感じないので、JRさん元に戻してもらいたいですわ。

聞き比べるにももってこいですので最後までご覧くださいませ!!!

鉄道コムバナー
↑ 鉄道コムランキング参加中 東北新幹線についてもこちらで ↑

昨日、23:08に福島県沖を震源とするM7.3の地震が発生しました!

私の家も物凄く揺れまして久しぶりにあの東日本大震災を思い起こされました。
私として懸念しているのは、この地震が前震では無いといいんですがね………
仮に前震だった場合、ここ数日以内に本震が来ます!
なので、東北の方や関東北部の方は多いに注意してください!

さて、この地震により東北新幹線の設備に被害をもたらした影響により現在、那須塩原~盛岡間で運転を見合わせています。

その為か、東京駅・上野駅の電光案内板も「なすの」以外の表示がなくあの東日本大震災があった時のような表示になっております。

DSCF1250
上野駅では、指定席券売機上部の東北新幹線系統の空席案内板は「ただいま 空席案内をとりやめております」と表記していました。
DSCF1255
また、通常は新函館北斗までを表示する停車駅案内も5駅分しか表示されていないという激レア展開です。通常は止まらない列車が有るため小さい表示の「小山」「那須塩原」も全列車が点灯している。
DSCF1273
その他、列車案内板も全列車が「なすの」というこちらもレアな表示となっておりました。


そして、今回注目したいポイントとしては・・・
通常、東北新幹線「なすの」の号数は250番台で運転されているのですが!
なんと!!!一部列車に540~560番台の号数が登場しています!
Screenshot_20210214-202927_Drive

通常550番台の号数は北陸新幹線「はくたか」に付与される号数となっていますが……なんと東北新幹線に付与されるという異例の事態です。

まぁ、はくたか号の550番台は朝方で終了するので誤乗車する人は居ないかと思いますが………
それでも、通常号数が被ることがないJR東日本としてはかなりレアな部類になるかと思います!
DSCF1253
しかし、なぜ「なすの」号が540~560番台という号数が付与されたのか?
東北新幹線の号数付与(定期列車)は・・・
「はやぶさ」が1~50番台
「やまびこ(速達)」が40~60番台
「やまびこ(各停)」が120~160番台
「やまびこ(つばさ併結)」が200~220番台
「なすの」が250~280番台
となっています。
それが、いきなり+300された理由として考えられるのは、臨時列車という扱いから540番台~560番台に設定したのだと考えられます。
北陸新幹線と号数が重複しますが、前述の通り「はくたか」の550番台の列車は朝方で終了しますし、30分間隔の「なすの」は一部列車が定期列車と同じ号数で運転されていることから乗り間違いは起きないと判断したからこの号数を付与したのではないかと考えられます。

そのことからもわかる通り、20:06発の「なすの」から先の列車はすべて定期列車の号数と時刻で運転されています。
つまり、一部時間帯だけしか見ることが出来ない幻の540~560番台の「なすの」って事です!

IMG_20210214_205812
そんなレア現象が起きている東北新幹線ですが被害状況は結構深刻なようで架線柱が傾いたり郡山駅では漏水が発生したり、高架橋が損傷するなどの被害をもたらしており復旧までに約10日ほど要するようです。

その間は、東京~那須塩原間が「なすの号」のみに盛岡~新函館北斗間は「はやぶさ号」が概ね時刻通りに運転されるようです。

また、山形新幹線は福島~山形、新庄間の折り返し運転。秋田新幹線も盛岡~秋田間の折り返し運転を行うようです。
在来ホームに新幹線が入るのでは無いかと憶測が流れていますが過去の動向からそれは無いような気がしますね。

尚、那須塩原~盛岡間については、輸送力が低下するため飛行機、高速バスに輸送力強化を依頼しJRとしては常磐線経由の臨時特急、羽越本線経由の臨時特急を計画しているとの事です。
DSCF0023
常磐線全線復活後、輸送力過多なのでは無いかと噂されていた常磐線がついに活かされそうです。

個人的な推測をすると、本日は185系C編成で東北新幹線を補完する列車が運転されていましたが185系は黒磯以北に行けませんので無いでしょう。
また、185系は平日は湘南ライナーや踊り子運用があるため確実にないと思います。

だとすると………
運用に余裕があるのは勝田所属のE657系を使用した常磐線回りの臨時を運転するか、いわき止まりの「ひたち」の一部列車を仙台まで伸ばすのではないかと想定しております。

果たして、なんの車両で運用されるのか?非常に気になるところです!

最後に、久しぶりの大きい地震でしたので今後数日は大きい地震が起きる可能性があります!
今一度、身の回りの防災を再確認しましょう!

鉄道コムバナー
↑鉄道コムランキング参加中  東北新幹線についてもこちらで↑


久しぶりの更新になり申し訳ありません。
無事にコミケ用の頒布物の製作が完了しましたので、一段落という感じです!

ということで、久しぶりに更新させて頂きます!

先週は、奥会津と新潟で短時間豪雨があり今週は山形や秋田・新潟で豪雨があり、秋田新幹線の秋田~大曲間が運転見合わせとなっております。
なので・・・あまり見られない「大曲」の文字が発車標に見られるという状況が続いています。

イメージ 1

秋田新幹線の秋田~大曲間の復旧は7月末までに完了させるという発表がありました。

そして、今日はかなりダイヤが乱れているらしいです・・・

イメージ 2

午後7時現在では約50分遅れているようです。

短時間の記録的豪雨はこの夏も多くありそうですので気をつけた方が良さそうです!

イメージ 3
↑鉄道コムランキング参加中! 秋田新幹線についてもこちらで↑


あれから6年という月日が経過しました。
今日は、あの時のことを少し思い出してもらおうと2011年に撮影した画像をお届けしようかと思います。

2011年は3月5日よりE5系による「はやぶさ」の運転が開始しました。
運転を開始して早6日で東日本大震災により東北新幹線が不通となってしまいました。

その前年の12月には新青森まで全通したばかりだったのにだ・・・

分断された東北新幹線は徐々に復旧していったが、元のダイヤに戻るまでには相当な時間を要しました。

イメージ 1

まだこの当時は200系が現役だった時代なんですよね~

東北新幹線も震災により駅や高架橋などに影響を及ぼしたが、幸いにも脱線した車両はなかった。
この震災により仙台地区や東北の鉄道はズタボロ状態となってしまった。
常磐線は津波の被害と福島第一原発のせいでいまだに復旧していませんが、震災から6年を経てついに仙台から浪江まで復旧します。

一方で、震災により山田線は津波による被害により三陸鉄道に移管されることが確定、気仙沼線はBRTにより復旧を果たすものの鉄路での復旧は見込めない様子でこのまま鉄路は廃止されそうな状況です。
その他、色々と影響を与えました。

東北新幹線は東京~那須塩原間は3月15日に運転再開(当該区間全列車が「なすの」として運転)、盛岡~新青森間は3月22日に運転を再開した(同「はやて」として運転)。
4月12日に那須塩原~福島間が運転を再開し(「なすの」を郡山まで延伸、一部「やまびこ」も設定)、福島~新庄間で折り返し運転を行っていた山形新幹線「つばさ」も東京までの直通運転を再開しました。

イメージ 2

この画像は福島まで運転を再開したときに撮影された画像です。

イメージ 3

この当時は「やまびこ」と「つばさ」は別々に運転されていたのです。

イメージ 4

E2系では今までに見たことがない表示が見られていました。

イメージ 5

200系は「福島」の表示が出なかった。

福島まで復旧した同日、東北本線福島~仙台間を結ぶ臨時快速列車「新幹線リレー号」の運転を開始(同区間開通前日の4月24日まで運行)。翌4月13日には盛岡~新青森間、4月23日に一ノ関~盛岡間、4月25日に福島~仙台間と順次運転再開していきました。

こうして、いち早く復旧を果たした東北新幹線は東北と首都圏の架け橋となった。

あれから6年・・・
津波の被害を受けた鉄道は気仙沼線を除いてほぼ復旧を果たしました。

今問題となっているのは、福島第一原発への影響を受けている常磐線のみです。

鉄道への影響はほぼなくなったが、いまだに避難者は多々いる現状です。
今後も、支援は必要だと思われます。東日本大震災の記憶は忘れないようにしましょう。

また大震災が起きないように・・・

イメージ 6
↑鉄道コムランキング参加中! 東北新幹線についてもこちらで↑

このページのトップヘ