Project JRS公式ブログ

只見線を応援する同人サークル「Project JRS」公式ブログ! Project JRSでは茨城県及び北海道も応援しています!

カテゴリ: 東日本私鉄


かつては、多くの駅に設置されていた反転フラップ式案内表示機(通称:パタパタ案内表示機)ですが、今では限られた駅でしか見ることが出来なくなってきています。

約8年前の2013年に当ブログでも「さようなら案内表示板」として紹介させていただいていました。
9ea1988f
約8年前に東海道新幹線からパタパタが消えたんですよね。これも時代の流れというものですかね~

この反転フラップ式案内表示機ですが、パタパタと表示が変わることから通称パタパタなんて愛称で親しまれているわけですが、近年は列車の増加や行先の増加、LED案内表示機の方が見やすい、反転フラップ式案内表示機の複雑な構造、同じく反転フラップ式案内表示機製造メーカーの廃業や部品の確保が出来ないという数々な要因から姿を消しつつあります。
20210111_192417
昨年初めごろまでは、横須賀中央駅でもこの反転フラップ式案内表示機が使用されていたのですが現在で現役で稼働する反転フラップ式案内表示機は京急川崎駅のホームに設置されているもののみとなっております。

おそらく、関東圏ではこの京急川崎駅でしか採用されていないかと思います。

今日はその京急川崎駅に設置されている反転フラップ式案内表示機を映像を入れながらとことん見ていきたいと思います!

京急川崎駅に設置されている反転フラップ式案内表示機で特筆する点としては、上部に路線図が入っている点ですね!

列車ごとに停車するランプが変わるのも注目する点だと思います。
現在多くの駅で設置されているLCD式だとほぼ液晶画面で済ませることが出来るので、見応えは無いですが、ランプが切り替わるという物凄くアナログチックな表示変更っていいですよね~

さて、主な稼働方法ですが・・・
列車が発車したあと、停車駅ランプが切り替わってから反転フラップ式案内表示機が稼働するという動作をします。

それを踏まえたうえで上記の動画をご覧ください!

ところ変わって、こちらはかつて京急久里浜駅に設置されていた反転フラップ式案内表示機

こちらの特徴は、下部にLEDで各種案内がスクロールで流れるという仕様になっているという点です。
京急川崎駅のものとは異なり列車が発車するとすぐに反転フラップ式案内表示機が稼働し変更します。


ということで、今回2駅の反転フラップ式案内表示機を見てきましたが・・・
注目すべき点は、やっぱり収録されているコマが気になりますよね?

今日は特別に収録されているコマの中でレアなものをちょっとだけ紹介します。
動くコマに注目して探してみてくださいね~

そうそう!YouTubeでは再生スピードを切り替えられる設定が有るので1倍速じゃ早すぎてわかんね~という方は、再生スピードを変えて見てくださいね~

では、スタート!
まず最初は、種別と両数のレアコマ!

①急行
かつて、京急で運行されていた種別。
今はエアポート急行という名称でしか登場しませんが、かつては運行されていました。

②10両
こちらもかつて運行されていた両数。
京急では最小の4両、6両、8両、12両でしか運行はされていません!
主に4両・6両が普通運用であり8両・12両が快特やエアポート急行に使用されるが、10両は運行されていませんがかつては運転していたようです。

さあ、皆さん大好きの行き先コマを見ていきましょう!

京急線と都営浅草線系統の行き先はさほどレアじゃないですよね~

①新鎌ヶ谷
まず、出てきたのが新鎌ヶ谷です。京成の駅ではなく北総線の駅です。
まあ、レアというわけではないですが・・・成田空港へ向かう途中駅の中では大きい駅なのであってもおかしくはないが、京急の駅で見るとやはり違和感www

②西白井
西白井駅とは、新鎌ヶ谷の次の駅なのですがなぜ?収録されているのかは不明

千葉ニュータウン中央
こちらもレアではありませんね~
正直なところ、羽田空港から出る列車の中にはこの行き先の列車もありますからね~

④金町
こちらは、かなりレア!
京成高砂から京成金町線に入るわけですからかなりレアだと思います。
しかし、なぜ金町を収録したのだろうか?

⑤宗吾参道
こちらもレア!
京成本線の途中駅。京成成田の手前ですね。
京成ユーザーの方ならよく分かると思いますが、京成の車両基地が有るのがこの駅です。
京成線からだとこの駅着の列車もあるのですが、京急から直通ではおそらく無いはずなのでレア!

⑥東成田
かつての成田空港駅だが、この駅にも京急からは来ないと思うのでレア!

⑦小岩
京成高砂の次の駅だが、こちらも見たことは無いですよね~

⑧京急久里浜・浦賀
続いて、京急線内の分割がある行き先。
まずは、京急久里浜と浦賀行き。おそらく堀ノ内で分割されると思われるのだが今までそんな列車は見たこと無い。

⑨三崎口・浦賀
こちらも多層建て列車。三崎口と浦賀行き。
こちらも堀ノ内で分割されるのか?
しかし、なんでこんなの収録したのだろうか疑問である。
京急で多層建て列車の計画でもあったのだろうか?

⑩京急久里浜・逗子・葉山
なんだ!この点ばかりの行き先はとなるwww

京急久里浜止まりと逗子・葉山に向かう多層建て列車。おそらく前8両が京急久里浜行き、後4両が逗子・葉山行きとなるのかなと想像する。とすると金沢八景で分割するのか?

ちなみに京急久里浜駅の方の動画では、「新逗子」となっているがこのコマ(京急久里浜・新逗子)も収録されているという驚きwww

⑪三崎口・逗子・葉山
そして最後も分割併合がある多層建て列車。
こちらも運転するとなると金沢八景で分割併合という事になりそう。

注目してもらいたいのは、新逗子は昨年春のダイヤ改正で「逗子・葉山」と駅名を変更したにもかかわらずちゃんと新規にコマを製造し収録されているというところに、京急には敬意を払わなければならないと思います。

駅名変更を理由におそらく横須賀中央駅の反転フラップ式案内表示機も撤去されたんだと思いますから・・・
コマを製造し新たに取り付ける作業は桁外れの重作業だと思いますし、そんなことをするぐらいならLCDの見やすい案内表示機に付け替えてしまった方が楽なんですから。
___________________________________________________________

こうレアなコマを見てきましたけど、一つだけ言えることは京急さんがこの反転フラップ式案内表示機を残そうと努力しているんだなというのがよく分かるかと思います。
先ほども書きましたが、LCDの案内表示機やLEDの発車標の方が断然見やすいんです。それなのに残してるわけです。本当なら駅名が変わるタイミングで京急川崎駅の反転フラップ式案内表示機も無くなってもおかしくは無かったと思いますよ。
20161007_171225
後世に鉄道遺産を残そうとし続ける京急さん!
今後も維持が大変かと思いますが、この反転フラップ式案内表示機をいつまでも残しておいてほしいというのがいち鉄道ファンとしてのお願いです。

京急さん!ありがとう!

鉄道コムバナー
↑ 鉄道コムランキング参加中 京浜急行についてもこちらで ↑


先週金曜日、来春3月13日に行われるダイヤ改正についての詳細が発表されました!
すでに発表済みの踊り子185系がE257系へ置き換え、湘南ライナー廃止のほかJR東日本の各支社のダイヤ改正を今一度振り返っておきましょう。
当サイトでは、長々と本文を読むより面白おかしく紹介していきますので最後までお楽しみいただけるかと思います。

秋田・盛岡支社                   
①奥羽本線 秋田~土崎間に「泉外旭川(いずみそとあさひかわ)」駅が誕生!

DSCF2769
②男鹿線に「EV-E801系」導入によりキハ40系が引退
 ⇒これにより男鹿線からキハ40が消滅、同時に烏山線みたいに走行中や男鹿駅で充電をすることにより走行することが出来るEV-E801系が導入される
DSCF3777
③「GV-E400系」が秋田支社管内及び津軽線に一部導入開始に伴いキハ40系統の運行本数減少
 ⇒秋田支社の奥羽本線、五能線、津軽線などの一部列車に新潟支社で運用を開始したGV-E400系が本格的に導入が開始されキハ40系を置き換えていく想定。2022年にはキハ40運用消滅か・・・

仙台支社                       
DSCF3217
①仙台シティラビット廃止⇒各駅停車化
 ⇒日中時間帯の輸送障害発生時の影響範囲を小さくするために毎時1本のペースで運転されていた仙台~福島間を直通する仙台シティラビットが各駅停車化されるそれに伴い・・・(下記)

②東北本線 仙台~白石~福島間で系統分離
 ⇒今まで終日に渡り仙台~福島間は直通していたが、朝夕の一部時間帯のみ直通しそれ以外の時間帯は仙台~白石~福島間で系統が分離される。18キッパーは乗り継ぎがさらに過酷に・・・

高崎支社                       
DSCF3418
①休日の特急あかぎ停車駅増、指定席拡大
 ⇒新たに北本・鴻巣に停車するようになる(利便性向上が目的)
 ⇒指定席の両数が増えお金をさらにむしり取りやすくする

②特急あかぎ運転列車見直し

 ⇒利用客が少ない特急あかぎは運転終了し本数が少なくなります
DSCF9014

③快速アーバン本数増加!通勤快速は廃止へ
 ⇒平日夜に運転されている通勤快速が快速アーバンになり湘南新宿ライン登場によって朝夕と土日のみになってしまった快速アーバンが拡大!その変わり通勤快速は廃止となり尾久は通過となる。。。
さらに尾久が目立たなくなる。ちなみに尾久は住む場所としては穴場スポットである。

④日中時間帯の輸送体系変更
 ⇒日中時間帯上野駅発着列車毎時1本を取りやめて、宇都宮→高崎線の順に交互に発車するように変更する。

水戸支社                       
DSCF9682
①3月27日より水郡線袋田~常陸大子間が災害より復旧!
 ⇒昨年10月の台風で橋梁が流され不通となっていた袋田~常陸大子間が運転再開!これで奥久慈しゃも弁当食べに行けるよ♡

大宮支社                       
①新幹線 上野~大宮間速度向上130㎞/hで運転へ
20191129_081151
②上越新幹線にE7系一部導入
 ⇒昨年上越新幹線用のE7系が運転を開始していたが台風の影響でE7系が水没し使用不能になった事から北陸新幹線への運転になったE7系が再び上越新幹線に戻ってくる!

③2代目Max(E4系)来秋には引退
 ⇒上記E7系が随時拡大していくことにより2代目Maxは2021年秋頃をめどに引退される予定

千葉支社                       
①E131系導入開始
 ⇒209系2000番台の運用が減少する

②E131系導入により日中時間帯のみ内房線 木更津~外房線 上総一ノ宮での直通運転が開始!
 ⇒かつては編成が逆になるという理由から内房線車両が安房鴨川を越えて運転することはなかったが、まさかの木更津~上総一ノ宮での直通運転が開始されるw
ただし、日中時間帯のみだがまた面白い列車が誕生したと思う・・・
DSCF5535
③鹿島線ワンマン運転化
 ⇒鹿島線列車がE131系導入により一部列車がワンマン運転に・・・今年のSuica導入に続きついにワンマン化か鹿島線の孤立化やむなし・・・
DSCF5307
④土休日の特急わかしお指定席増
 ⇒こちらも外房系は房総でも儲かる路線なので指定席の両数を増やしてお金をさらにむしり取るようである

横浜支社                       
①増える電子レンジ!総武横須賀線E235系
 ⇒12/21より運転を開始した新電子レンジ!E217系もついに廃車増えるか?
20200409_094217
②特急踊り子E257系へ統一
 ⇒もはや説明不要185系を置き換えてE257系へ

③湘南ライナーを廃止して特急「湘南」へ
 ⇒お金むしりたいJR東お得意の特急への格上げ化これを見たうえで新潟支社行ってみよう!

新潟支社                       
DSC_0240
①快速らくらくトレイン信越、おはよう信越廃止!快速「信越」へ
 ⇒はいはいお得意の格上げはされなかったものの全車指定席の快速なんで指定席料金がかかる快速へチェンジ!まあ、乗車整理券と比べそこまで割高にならないから首都圏のライナーから格上げされた特急よりはマシかな・・・それに消滅しなかったのも評価ポイントかも・・・
ちなみにこれにより、JR東日本から乗車整理券方式の列車は消滅となる。

八王子支社                      
20200410_133052
①高尾行き成田エクスプレス廃止
 ⇒もともと八王子から先乗る人・降りる人なんていなかったのでここまで残ったのが不思議w


最後に・・・

しなの鉄道                      
DSCF8644
①SR1系導入により115系2編成が廃車へ
 ⇒しなの鉄道でも昨年に続き115系がさらに2編成廃車となる
 ⇒湘南色の編成が廃車となるようなのでしなの鉄道から湘南色は無くなるのかも・・・

ついにしなの鉄道もどんどんと置き換えていくようです!115系の見納めは近いのでしなの鉄道、新潟地区115系の撮影はお早めにした方が良いかもしれませんよ~
_______________________________________

ということで、来年はJR東日本でも大きな変革の年になりそうな予感です!
終電が繰り上げられるほか、サンライズと特急「湘南」の運転時刻がかぶっているのも気になるところです!
今後の動向に要チェックです!

鉄道コムバナー
↑鉄道コムランキング参加中 来春のダイヤ改正についてもこちらで↑


2日連続更新!
まあ!最近サボってましたからたまにはね更新しないと・・・
というか・・・アクセス履歴を見てたら罪悪感が・・・
何ていうか更新してないけど定期的に見てくれてる人が居るんだな~という事実を目にしたら更新せざるを得ないという感情になりまして今に至っています。。。

さて本題に入ります!

いよいよ来月26日から元真岡鐵道で運行されていた「C11-325」がいよいよ東武鉄道の『SL大樹』として運行を開始するようです!
DSC_0385
 
かつて、真岡鐵道時代のC11-325は定期的にJRに貸し出しされて臨時列車の運行にもついていましたが、東武に移管されたらそれはどうなるんでしょうかね~

もともと真岡鐵道は、国鉄を三セク化(旧国鉄真岡線)した路線なので、財政面ではやはり厳しいところがあったのは重々承知の上で、2機保有してたのだと思いますが、ここ近年になりやはり悪化の一途を辿り、C11は昨年の11月末に1億2000万円で東武鉄道に売却されました。

↓ 詳しくはこちらの記事も ↓

今日は、元C11が在籍していた真岡鐵道の現状とC11の受け入れ先である東武鉄道の現状を先日、撮影しに行ってきましたので報告がてら色々と語っていきたいと思います!

真岡鐵道の現状                  

かつては、SLの重連や他社(主にJR東日本)への貸し出しなどを積極的に行い撮り鉄や乗り鉄などを集めていた真岡鐵道は現在、保有しているSLはC12-66が「SLもおか」として運用されている。

以前みたいに盛り上がりはかけるようだが、ヘッドマークを期間ごとに毎回交換するなどして見る人を楽しませているようである。
20201018_121627

また、真岡駅近くにあるSLキューロク館では9600形蒸気機関車49671号機が圧縮空気による駆動ではあるが唯一稼働状態にあるSLとなってることで、注目を集めている。

東武鉄道の現状                   

20201026_125641

一方で受け入れ先である東武鉄道では引き続きJR北海道から借用されているC11-207を使用して「SL大樹」を運用している。
20201026_122832

また、隣接する下今市機関区では昨年まではキャパが足りないのではと懸念されていたが、機関庫が増設され下今市での受け入れ体制は整いつつあるようです。

ただ、懸念されることといえば客車側ですかね~
12系にしろ14系にしろ古い車両であることは変わりないので、今後使用し続けられるのか?
故障とか部品の調達はできるのだろうか?その辺ですかね~

SLに関しては、東武鉄道はちゃんと真岡鐵道、大井川鐵道、JR東日本、JR北海道などから研修を受けているようなのである程度の対処はできるのだろうかと思われますが・・・
20201026_142500
しいて言うなら、東武で運用されているC11って保安装置の関係から車掌車が機関車後ろに必ず付属しないと走れないという制約ですかね。C11って小さいから見応えがあるんですが、車掌車が入るとなんか長くなるんですよね・・・上の画像見てもらえればわかると思うんですけど・・・
まあ、車掌車が変な色で奇抜じゃないからそこまで気にはならないのだけど、車掌車抜きのC11が見たいという方も中には居るのではないでしょうかね?かつての真岡鐵道がそうだったように・・・

そして、来年冬の復元を目指して江若鉄道が自社発注で製造したまがい物のC11-1は「C11-123」となったようです。東武が123周年となることからという安直な考えから・・・

まあ、そんなこんなで来月には鬼怒川線内でSL同士のすれ違いが見られるようになるようです。
先日、SL大樹に乗りに行った際には平日にも関わらず鉄の方がチラホラ見られましたし、地域住民の方も積極的に手を振ったりしていたので、一応は歓迎されているのだなと思いましたが、一方で「SLは公害だ!」などの旗も残っていたことから歓迎されていない面も垣間見る事ができました。

来月には2機が、来冬には3機となる東武鉄道は果たして地域住民の理解を得られるのかが焦点になるのではないかと思います。

ゆくゆくは、鬼怒川温泉を超えて会津鉄道に乗り入れ会津若松で見られるようになったら嬉しいですけど・・・まあ、野岩鉄道線内がどうしてもSLの排煙は処理できないらしく走れないらしいのでしばらくは無理なのかな~

今後の東武鉄道の動向も要チェックだ!

鉄道コムバナー
↑ 鉄道コムランキング参加中 東武のC11についてもこちらで ↑


最後の更新が去年の年末以降止まっていましたので、久しぶりに更新作業をしていこうと思います。

更新をおろそかにしていた間に色々と出来事もありましたが、今日は1週間後に迫ったダイヤ改正について書いていきたいと思います。

今回のダイヤ改正で私が大きく注目しているのは、今まで続いてきた早朝・深夜帯の中央・総武緩行線御茶ノ水行きの廃止である。

DSCF5916

もともと、中央線沿線に住んでいた私にとってはいよいよ来てしまったか・・・という印象なんですが、もう御茶ノ水行きという行き先が見れなくなるのは少し悲しいですね。
そして、この御茶ノ水行きの特徴は早朝と深夜だけは中央本線と総武緩行線を分離することがメインとなっている。

DSCF5919

この時間帯だけは、中央快速線は運転しておらず(夜間のみあり)中央快速線も東京・神田・御茶ノ水・水道橋・飯田橋・市ヶ谷・・・の順に停車していくなので御茶ノ水までは中央快速線を走行しそれ以降はポイントを転線して中央緩行線の線路に移動する。

一方で、総武緩行線は御茶ノ水まで運転した後・・・
水道橋まで回送する、その後水道橋で東行き線路へ転線して御茶ノ水始発千葉・津田沼行きという風になる。

私にとっては、この光景が日常茶飯事だっただけに無くなるのは悲しいですね~


続いて気になるのは、駅名が変更となる駅です。
私の住む沿線ににも有るんですが、あの「佐貫駅」がついに「龍ケ崎市駅」という変な駅に変わる!

20190920_104402

新型コロナウィルスのせいで、記念入場券の販売がなくなってしまったのだが、龍ケ崎市がJR水戸支社にかねてから要望を出していた佐貫駅の駅名改称がついに実現することになる。
改称にあたって龍ケ崎市も負担をしたのだとか・・・

お隣千葉県の内房線にある「佐貫町駅」と間違われることも今後なくなる!

昨年末にお邪魔した際にはこのような幕が駅前に張り出されていた。

20191207_152338

変更の理由としては佐貫駅はJR常磐線の中で唯一の龍ケ崎市の駅であること(お隣の藤代は取手市、牛久は牛久市)と龍ケ崎市の中心となる駅だからこそ龍ケ崎をアピールすることが目的だそうです。

もともと龍ケ崎市だったのですが、ココ最近になり改称の動きが活発化したという印象です。

ちなみに、関東鉄道竜ヶ崎線の佐貫駅は変更なしのようです。まあ、関東鉄道が駅名を変更すると龍ケ崎市~龍ヶ崎という意味不明な行き先が誕生すちゃうから賢明な判断ですよねw

何れにせよ、JRの佐貫という駅名も残り1週間です。

駅名変更といえば、こちらの駅も変更されます!

20200214_075755

京浜急行の「羽田空港国内線ターミナル(→羽田空港第1・第2ターミナル)」と「羽田空港国際線ターミナル(→羽田空港第3ターミナル)」さらに東京モノレールの「羽田空港第1ビル(→羽田空港第1ターミナル)」「羽田空港第2ビル(→羽田空港第2ターミナル)」「羽田空港国際線ビル(→羽田空港第3ターミナル)」も変更となる。

20200214_075947

この変更は、羽田空港の国際線就航先増加に伴い羽田空港第2ターミナルでも国際線が就航するため第2ターミナルが国内線以外の離発着が有るため変更されるようである。

個人的な見解を述べると、もともと羽田空港の就航先が増えたから成田空港を作ったのにまたこうして羽田空港に就航先増やしたら成田空港を作った意味が無くなるんじゃないですかね?成田空港ではあれほどの被害を出しておきながら、国内線の羽田、国際線の成田を守れなくなっているのは如何なものかと私は思うのですがね・・・

京浜急行では、それ以外にも「花月園前(→花月総持寺)」や「新逗子(→逗子・葉山)」「仲木戸(→京急東神奈川)」が変更となる。
上記駅の変更の理由は、様々だがJRへの乗換駅が近かったり観光客誘致を目的としていたりする。

今回のダイヤ改正は、そのような改正にも注目を持ってもらえるといいかもしれませんね~

ダイヤ改正前ですので、私も色々と駅に取材に行ってこようかと思います!


07266f25.png
↑鉄道コムランキング参加中! ダイヤ改正の情報もこちらで↑


今日から12月!
今年も残すところあと1ヶ月となりました!早いものです!

さあ、そんな月初めに悲しくもラストランを迎えた車両がある!

DSC_0385

そう!真岡鐡道のC11形蒸気機関車325号機である。
かねてから、真岡鐡道では経営不振で維持費がかかるSL2台持ちを断念しており売却先を検討していた。

そこで募集をかけたところ、落札したのはなんとすでにJR北海道から貸与されているC11を運行する東武鉄道が名乗りを上げた!どうやら1億2000万円で落札したらしい・・・ 

①JR東日本への貸し出しどうなる?
かねてから真岡鐡道は積極的にJR東日本への貸し出しを行っていたし、車両の検査についてもJR東日本の大宮総合車両センターに受託していたという事もあり、東武鉄道に譲渡されたらJR東日本管内で走ることも無くなってしまうのかもしれない・・・

②下今市機関区収容能力大丈夫?
DSCF3875

上の写真のように下今市機関区には収納庫が2つしかない現状C11-207を保有し、さらに復元作業中のC11-1(旧江若鉄道所属)を保有している。
そして、今回のC11-325を真岡鐡道から落札したことによって、今後は3機を収納することになる。

その他にもプッシュプルで使うディーゼル機関車なども保有しているわけですから収納できるのかが不安である。

画像を見た感じ奥行きもありそうなので縦列して収納する可能性もあるかもしれませんが・・・果たして・・・

③2機を保有+1機貸与のC11で考える東武の未来予想
DSCF3907

合計で3機が下今市機関区で保有することになる東武鉄道が考えること・・・
現在、不安定な運行状態に加え異常が発生した際に変更するための機関車が無いというのは致命的でそれを無くすことを視野に入れているのは間違いありません。

それがC11-1とC11-325に与えられて任務です。では、JR北海道から借りているC11-207は?
これはあくまでも推測ですが、JR北海道に返却するというのも考えられるかもしれませんし・・・3機になって余裕が生まれることからJR東日本管内への派遣(C11-325のみ)というのも考えられるかもしれません。

ただ、派遣されるのは今までJR東日本管内を走ったことがあるC11-325に限定されるでしょう。
考えられる懸念としては今までJR大宮総合車両センターがC11-325の検査を担当していたのですが、今後はJRから知識をもらった東武鉄道が担うことになるという事。つまり、JRの保安装置を残すも殺すも東武次第という事になる。

そして、壮大な計画としては下今市~会津若松への運転も視野に入れているのでは?
かねてから・・・と言うよりC11-207が東武に来てから展示は幾度となくやりましたがC11-207が会津若松駅で展示を行いJR東日本新津所属のC57とともに展示されたというイベントがあった。

DSCF3897

この時はDE10のディーゼル機関車に惹かれて会津若松へとやってきたが、将来的にはC11を会津若松まで運転したいのではないかという野望も見える。
幸いなことに、会津鉄道線の会津高原尾瀬口には使われなくなった転車台があるし、会津若松にも転車台があるというのは願ってもない好都合ですしね。

なにより、東武とJR東日本も互いに敵対視しなくなったというのもあるのかも。
3機になることにより、運転に余裕が生まれ会津若松乗り入れも検討しだすかもしれません。
ただ、そうなると野岩鉄道線内と会津鉄道線内のSL運転は誰がやるんだ?という話も出てきます!

まあ、ディーゼルカーのAIZUマウントエクスプレスの運転が会津若松~鬼怒川温泉・東武日光間の全線を会津鉄道に移管しているという事もあるので、SLを乗り入れて東武の機関士が運転することにより貸し借りなしという状況を作る可能性も無きにしも非ずという感じでしょうか~

真岡を去ったC11-325がどのような運命をたどるのか今後要注目という感じがします!

鉄道コムバナー
↑鉄道コムランキング参加中 C11-325についてもこちらで↑

このページのトップヘ