Project JRS公式ブログ

只見線を応援する同人サークル「Project JRS」公式ブログ! Project JRSでは茨城県及び北海道も応援しています!

カテゴリ: JR西日本


5日前の春臨発表の際にやっとダイヤが不確定だったサンライズ瀬戸・出雲の出発時間が判明しました!
20180731_214753
とりあえず、事の顛末を今一度振り返っておきましょう!

12月18日「2021年3月ダイヤ改正」発表!
特急湘南時刻
今まで、登場からずっと22:00ちょうど発で親しまれていた「サンライズ瀬戸・出雲」の時間帯にダイヤ改正より「特急湘南15号」がブッキングしていることが判明した!
20201208_084456
これにより、現在湘南ライナー13号の発車時間になっている21:30発になる説や総武・横須賀線ホーム説になるとか、品川発になるとか、東海道貨物線経由に変更になるのではと数々の憶測が飛びました。

上の湘南ライナー時刻表を見てもらうとよく分かるんですが、21:30発「湘南ライナー13号」のあとは22:00ちょうど発「サンライズ瀬戸・出雲」が入って、30分後「湘南ライナー15号」というのが今までの定番だった・・・

しかし、運行に関係するJR東日本・東海・西日本・四国からの公式アナウンスは全くなく時刻不明のまま存続することだけしか知らされていない状態が続きました。

そして・・・

1月22日 春の臨時列車発表!

ここでやっとJR四国がサンライズ瀬戸が琴平への延長運転が有る旨の発表をしたことにより、サンライズ瀬戸・出雲が何時になるかがわかりました!
サンライズ瀬戸時刻
1998(平成10)年7月10日の運転開始以来、約23年間 東京駅を22時ちょうどに発車してきた寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」(高松・出雲市行き)。
現在では、定期運転される唯一の寝台特急になったこの列車の東京駅発車時刻が、2021年3月13日(土)のダイヤ改正で21時50分に変更されます。

もう一度いいます!
なんと!ダイヤ改正後は21:50発と・・・10分前倒しになることになりました!
____________________________________

さあ!これに伴う変化はどうなるのか?というのが今回のお題です!
昨年6月往復でサンライズ瀬戸・出雲を乗車した筆者が運転時の通過時分をもとに見ていきたいと思います!

まず、答えが出ているところ高松発が8:02となっているところから考えていきましょう!
どうやら、到着は変更なしのようですので、高松で約30分以上と停車となるようです。
ちなみに、秋の延長運転の際もこの時刻発となっていることから、ダイヤに変更はないのではないかと推測されます。

では、変わるのはどこかというと?

JR東日本管内の停車時間が変わってました!

調べたところ・・・
東京(発):2200 ⇛ 2150
横浜(発):2224 ⇛ 2215
熱海(発):2323 ⇛ 2323

なんと!10分早く出たにもかかわらず、熱海発車時刻は変更なし!
ということは、自ずと答えが見えましたよね~

サンライズエクスプレス低速化であるwww

まあ、この列車に速達性を求めてはいけないのですが・・・
今までよりスピードは遅くなると考えたほうがいいですね。。。

ここから見いだせる結論は・・・
東海道線系統は今まで湘南ライナーや通勤快速などがあるダイヤだっただけに、特急化と通勤快速の廃止でダイヤをすべて見直す事になったのが原因で、サンライズ瀬戸・出雲も影響を受けたというのが正直なところでしょう。

おそらく、先行列車の兼ね合いが出てくるんでしょうね~

つまり、影響を受けるのはJR東管内のみで東海や西日本・四国では直接的に影響がないので何も発表がなかったのです。

なので、JR東日本管内で駅を通過する時刻がちょっと変わるでしょう。
一応参考までに、想定される通過時刻を算出してみました!

品川:2158⇛川崎2207⇛横浜2214-15⇛国府津2258⇛小田原2303⇛湯河原2314⇛熱海2320-2323

太字:停車駅、細字:予想通過時間

現行の通過時間に各駅所要+1分ぐらい追加して算出した結果このような感じになりました。
あくまでも予想なのであまりあてにはしないように!まあ、夜間ですから通過駅で撮り鉄する人は居ないかと思いますが一応書いときますw

さて!サンライズエクスプレス23年ぶりの時刻変更は所要時間がただ単に伸びただけという結末でした!
個人的には、今までより10分長く寝台特急に乗れるのでこのダイヤ改正は有りだと思いますが皆さんはどうでしょうか?

春のダイヤ改正が楽しみです!

鉄道コムバナー
↑ 鉄道コムランキング参加中 サンライズ瀬戸・出雲についてもこちらで ↑

今日は、特急シンボルマークについて書いていきたいと思います。
185系にも取り付いているこの「特急シンボルマーク」がどういうものなのか・・・
DSCF1131
この特急シンボルマークは、1958(昭和33年)年にデビューした151系(登場当時は20系)特急形電車に初めて取り付けられました。

151系は、スピード感あふれる流線形とし、運転台を上部に設置するという、それまでにないデザインが採用されました。前面中央には、それまでの特急列車と同様、列車名を表記したヘッドマークが取り付けられています。これに加えて、新時代の特急を象徴するにふさわしいシンボルマークを付けることを決定。デザインは一般公募で集まった約5000点の中から「シンプルでスピード感がある」として選ばれたものを国鉄のデザイナーが手直しして、あの形状となりました。
DSCF0927

特急シンボルマークは、151系を皮切りに161系や181系、481系など、それ以降に製造された特急形車両で広く採用されました。

このうち、1967(昭和42)年に登場した581系電車は前面が貫通式とされたため、左右に分かれる外扉に合わせて、特急シンボルマークも2分割。
DSCF1288
この構造は、同じく貫通式とされた一部の485系などにも採用されました。また、貫通式で外扉がないキハ82系やキハ181系は、扉の幅に収まるよう少し小ぶりのサイズとなるなど、いくつかのバリエーションが見られます。とはいえ、基本デザインは変わらず、今日まで受け継がれてきました。

ちょっと他の列車の特急シンボルマークも見てみましょう
DSCF9161
実は、北海道のキハ183系にも特急シンボルマークが取り付いているんです!
DSCF2232
そして、かつて横軽間を越えた489系にもちゃんと特急シンボルマークがあります。
同じく、JR西日本の583系にも・・・
DSCF5404

DSCF1049
185系は、特急「踊り子」としてだけでなく東海道本線の急行列車や普通列車でも使われる予定だったことから、開閉式の窓や転換クロスシートを採用するなど、その他の特急形車両に比べると見劣りするものでした。そんな185系にとって、特急シンボルマークはまさに「特急用車両である証」だと言えるでしょう。

そんな、特急シンボルマークですが・・・
来春の185系の引退で見れる車両はもう1種類しか見られなくなります。

唯一、国鉄特急型で運行されている岡山~出雲市を結ぶ伯備線特急「やくも」の381系のみが特急シンボルマークを纏う事となります。
DSCF9666
この381系「やくも」面白い点が複数あるのでここで紹介したいと思います。

通常通り特急シンボルマークがついている車両もあれば、貫通扉でなぜか塗装タイプの特急シンボルマークになっているタイプなど様々なバリエーションの車両が混在しています。
DSCF9605
①貫通扉が付いている
②ヘッドマークに「L特急」マークがある
③貫通扉が付いてる先頭車はなぜか「特急シンボルマーク」が塗装タイプ
DSCF9607
④なぜか側面方向幕はLED化
 ⇒中途半端にHMは幕式なのに側面方向幕だけLED化されたw
EbfnV5YUwAAok5b
⑤なぜか窓が二重になっている
 ⇒おそらく気密性保持が影響しているのか?
20200627_145140
⑥物凄く揺れるためか座席前のテーブルのドリンクホルダーが固定できるものになっている
 ⇒固定できる仕様になっている影響で500㎖のペットボトルしか収まらない

そんな、381系も2022~23年度に381系を新型車両で置き換える計画となっています。
新型コロナウイルス感染症の影響で、この計画が変更される可能性はあるものの、381系に引退の時が近付いていることは間違いないと思います。。

特急列車の前面に燦然と輝く特急シンボルマーク。
60年以上にわたって親しまれてきたシンボルが見られなくなる日も、そう遠くありません。

見れるときに国鉄時代のシンボルでもある「特急シンボルマーク」を見ておいた方が良いかと思います!
鉄道コムバナー
↑ 鉄道コムランキング参加中 185系についてもこちらで ↑


少しはまじめに更新しなきゃな~なんて思いながら更新作業をしております。

700系新幹線ってそういえば今日がラストランの予定だったようですね~
しかし、新型コロナウィルスによってラストランイベントは中止となり・・・事実上最後に本線走行したのは先週3月1日の団体列車がラストランということになってしまいました。
営業運転での最後は、2月28日が最後という事に・・・

まあ、私にとって700系新幹線はあまり思い入れがある車両ではないのでそこまで気にはしていないのですが・・・
ラストランということで、700系の写真あるかな~って探してたら以外にも撮影はしていたようです。

DSCF3385

ちなみにカモノハシとか呼ばれている700系新幹線ですが、実はE4系新幹線(2代目MAX)の方が登場が先なんですよ!
E4系新幹線の登場は1997年12月に対し700系新幹線は1999年3月とカモノハシはE4系のほうが古いのである。

そんな700系新幹線ですが、東海道新幹線の伝統を引き継いだ最後の新幹線だと私は思っています。

①東海道新幹線最後の形式
DSCF3383

今まで0系→100系→300系→500系→700系と続いてきたのですが、東海道・山陽新幹線の系譜はこの700系で終わってるんですよね。

以降登場するのは、700系を進化させた列車ものになっている。

②700系はさらに進化を遂げる

DSCF3429

前述の通り、東海道・山陽新幹線系統最後の形式が700系なので以降登場する新幹線はすべて700系を参考に進化を遂げている。
DSCF3420

N700系→N700-1000系(N700A)→N700S系と進化・改良されていっている。
先頭車はカモノハシみたいでは無くなりましたが、700系の良い点をそのまま引き継いだのがN700シリーズなのである。

20200228_114905

撮り鉄目線からするとN700系シリーズは空気抵抗を考えて設計されていることからあまり写真映えは良くないんですよね・・・

③新幹線最後の方向『幕』車
DSCF3091

現在の新幹線では唯一!幕式の方向幕を採用していたのがこの700系であった。
N700系からはフルカラーLEDとなり、同種の700系レールスターはLED表示となっている。
DSCF2612

一方で、JR東日本の東北・上越新幹線系統は400系が最後に幕式を採用して以降LEDが主流となってしまった。
ちなみについ最近まで運行されていた200系もリニューアルされた際にLED式に交換されていたため幕式を採用していた新幹線は700系が唯一だったのです。

----------------------------------------------

東海道・山陽新幹線から700系の引退により、N700S系が運転を開始し毎時12本ののぞみという未だ嘗てない大増発を遂げる東海道新幹線。
300系が登場した当時を考えると想像を遥かに超える「のぞみ」大増発ですよね~

これにより、東海道新幹線はすべてN700系統で統一されるので定速走行が可能になり毎時12本という運転が可能になったのである。

本音を言えば、上述の通りN700系の先頭車は凸凹していて写真写りが悪いんでこの車両に統一されると撮影したくなくなるんですけどね・・・

最後に・・・私がかれこれ2008年辺りから撮影した東海道新幹線が華やかだった時の写真を少しあげようかと思います!

S0085063

やっぱり東海道新幹線といえば300系なんだよね~この形もうものすごくカッコいい!

DSCF2575

そして、やっぱり500系!今やEVAにされたりハローキティーにされたりして遊ばれている500系新幹線ですが、かつては山陽新幹線内では300㎞/hという速さを出していた。
この斬新的な鼻の長さがカッコよかった500系ですが、JR東海が利便性の悪さを指摘し早々に撤退し今に至る。

DSCF4919

なんか探したら700系がきれいに写った写真も出てきましたよw
小田原で撮影した在りし日の700系C編成。

DSCF4580

そうそう、忘れちゃいけない!
700系にはJR東海が保有するC編成の他にJR西日本が所有するB編成もあるんですよ!

DSCF4579

JR西日本が所有する700系は先頭車側面に「JR700」と入っているのが特徴です。
ちなみにこれは昔からの伝統みたいで500系にも「JR500 WEST JAPAN」と入っていた。

DSCF4576

そして、大きな違いはやっぱりJR西日本が保有する編成はなぜかLED幕が採用されていたというちょっとした違いがあった。
このJR西日本の700系も2020年2月28日をもって東海道新幹線での営業運転を終了した。以降は山陽新幹線内での運転となる模様です。

DSCF8349

DSCF8336

最後は・・・本当は今日がラストランだった700系新幹線の記念ラッピングを・・・
最後の本線走行は、廃車回送を行う日です!おそらく近日中には行われるでしょう。
浜松までの区間の方は最後の勇姿を見届けてくださいね!

鉄道コムバナー
↑鉄道コムランキング参加中 700系ラストランについてもこちらで↑


今日はエイプリルフールですよね~
「三江線の廃止は嘘です!」なんていう嘘だったら良かったんですが・・・

ということで、今日も話題になっております。三江線の話題をお届けしたいと思います。

実は、昨日ホームページにこんな事があったのを皆さんはご覧になったでしょうか?

時はさかのぼり昨日の3月31日早朝・・・
まずこのようなお知らせが掲載されます。

イメージ 1

昼過ぎには・・・

イメージ 2

『最終列車の運行終了まで安全確保に努めますとともに、一人でも多くのお客様に思い出深い三江線にしたいと思っております。』

の一文はここ最近は毎日掲載されておりました。
JR西日本にとっても三江線を大事にしていたということがよく分かりますよね~

最終列車はイノシシと衝突するという事故が発生し約20分ぐらい遅延が発生していましたがその列車が、終着駅に到着した22時にはこんな文面が載せられました。


イメージ 3

『……最後の最後まで、皆様にも猪にも愛される三江線でした。ありがとうございました。』

最終列車がイノシシと衝突するという事故があったことから、こんな自虐ネタを入れつつ感謝の意を評していました。

そして・・・
『三江線のことを忘れないでください。』という感動の一文。。。

公式ホームページの運行情報をお知らせする画面でこんな感動的な文面を出していたのです。

通常、公式ホームページでこのようなことが書かれることって少ないのですが、JR西日本はそれを日本中、いや世界中の人が見れる所に出したのです。

これは、ほんとに感動的なことだと思います。

JR西日本にとって三江線が本当に大事な路線だったということを証明している文面なんじゃないかと私は思っております。

イメージ 4
↑鉄道コムランキング参加中! 三江線についてもこちらで↑


今日は年度末です。
そして、今日をもって廃線となる路線がある・・・

イメージ 1

それが、広島三次市と島根県江津市を結ぶ三江線です。

芸備線の江津と山陽線の三次を結ぶ路線ですが、ほとんどの区間が山間部で江の川を縫うように走行するのですが、国鉄時代から赤字の路線で一度は廃線になれかけた時期もありましたが、道路網の発展途上途中とかで何度も廃線を間逃れてきました。

しかし、道路網の発達や度重なる災害により今日を持って廃線となりました。

私は、この路線に乗ったことはないのですが、先ほどニコニコ生放送を見ていてやはり廃線になるのは悲しいですよね。

イメージ 2

廃線は2016年12月4日のJR北海道の留萌線留萌~増毛間の廃線以来、約1年3ヶ月ぶりの廃線です。
JR西日本では2006年の富山港線が廃線になった時以来の廃線となります。(三セク化、貨物線を除く)

ちなみに、JR発足後(国鉄時代を含めて)、路線距離が100kmを超える鉄道路線の全線廃止は本州では初となります。


↑Wikipediaより

本州での廃線というのは、あんまりないですよね。
北海道では、今までにいろいろな路線が消えていきましたが、本州では三セク化される路線が多く未だに旧国鉄の赤字路線も存続してるところがほとんどです。

三江線も三セク化するという話はあったようですが、地方自治体で賄える額じゃないということで立ち消えになり、その後JR西日本と広島・島根の沿線自治体を交えて何回も話し合った結果2016年9月30日・・・

2018年度末に廃線するということを国土交通省中国運輸局に通達しました。

その廃線発表以降は、どんどんと客足が増え2両編成の列車が通勤ラッシュ並みに混雑したという話も出ています。

2018年1月の大雪で倒木が発生し、長い間運休を余儀なくされたが、廃線になる約1ヶ月前の2月24日に全線で運転を再開し、今日に至っています。

こういう過疎化の路線って北海道や九州・四国では多いのですよね~
こうして、また貴重な路線が無くなっていくのです。

そして、先週にはJR北海道が石勝線夕張支線の廃線を発表したばかりです。
次に廃線になるのは、石勝線夕張支線です。

夕張に行く貴重な路線が無くなります。
もともと、夕張市とJR北海道で話し合っており、廃線になるのは濃厚だったのでさほど驚きはしなかったのですが、こうやって路線図から消えてしまうというのは悲しいものです。

今まで、このブログでは数々の路線の廃線をお届けしてきましたがやはり縁がなくても廃線を見ているのは辛いものです。

これ以上の廃線が無いことを切に願うばかりです。

イメージ 3
↑鉄道コムランキング参加中! 三江線についてもこちらで↑

このページのトップヘ