Project JRS公式ブログ

只見線を応援する同人サークル「Project JRS」公式ブログ! Project JRSでは茨城県及び北海道も応援しています!

カテゴリ: ┣昭和から残る貴重な鉄道遺産


以前、このブログで「国鉄時代の名残がまた1つ消えていく・・・」という記事を書きましたけどやっぱりライナーの乗車風景って特殊な感じしますよね~

今日は、その国鉄時代から残る貴重なシーンを今一度振り返ってみていきましょう!
20210104_200856
主な乗車方法は皆さんもご存知の通りだと思いますが・・・

20210114_200007
このライナー券売機で乗車予定のライナーを確認しライナー券を購入します。
画像を見てもらえると分かるんですが、残りの席数が表示されています。

これは、この券売機であと何席残っているかを表示しているものなのです。
もともとライナーって乗車駅によって乗る場所が異なるのです。

例えば、東京駅は3号車から品川からの人は4号車みたいな感じでそうなると・・・
3号車の席数は全部で何席だからこの席数までなら販売できるので残り席数を表示してるんです。
しかし、券売機は最低2台はあるので・・・席数÷券売機の台数が上の数字になります。

買われるごとに席数がどんどんと減っていきます。

なので「定員になり次第発売を終了!」って放送で言ってるのです。
定員にならなくても発車3分前もしくは1分前には発売を締め切ります。
20201229_205958
ただ、買い物とかしてるとギリギリになることはよくあることなので、駅員が注意深く見まわして乗車する人が本当にいないかの確認をギリギリまで行ったうえでドアコックを戻し・・・
20210104_200847
車掌が発車メロディーを鳴らしすぐに発車という感じで運行されています。
上の写真がちょうど、乗車する人がいないか最終確認している車掌の光景ですね。

この光景を最後の動画で見られますのでぜひそちらもご覧くださいませ!


正直なところ、この列車運転するのに結構な人手を要します。
昨今、人員削減!経費削減!人件費削減!と言われている中でライナーには各駅とも最低5人は要します。(運転士、車掌、自由席ドア操作要因×2、グリーン車ドア操作×1、見回り×1)

東京駅だとドア扱いする要因が2人、検札が2人、見回りが1人と最低でも5人がこの列車にだけ専属で付いていました。

このように多くの人件費がかかるのは今やもう古いのかもしれませんね~

今回!ホントに国鉄時代を思い出しそうな感じの映像を撮影することが出来ましたの最後にそちらをご覧いただければいいかと思います。

この動画を見ていて思うのは、この動画を撮影した時の駅員がちゃんとした仕事をこなしているという点ですかね!

いつも発車風景は見ていますが「グリーン側灯 滅」などを呼称する駅員は数少ないんですよ!
また、服装もかなり着込んでて昭和っぽさが出てる感じがして良かったですね~

「湘南ライナー」と「ホームライナー小田原」の廃止によってJR東日本から○○ライナーと付く列車は消滅し、この乗車方式も過去のものとなってしまいます。

1度だけ小田原に行く用事がありこの列車を利用させていただいたことがありますが、その当時はグリーン車に乗ってしまっただけに悔やまれます。

この光景を見ることが出来るのは残り僅かです!廃止前に今一度見ておきましょう!

鉄道コムバナー
↑ 鉄道コムランキング参加中 湘南ライナーについてもこちらで ↑


かつては、多くの駅に設置されていた反転フラップ式案内表示機(通称:パタパタ案内表示機)ですが、今では限られた駅でしか見ることが出来なくなってきています。

約8年前の2013年に当ブログでも「さようなら案内表示板」として紹介させていただいていました。
9ea1988f
約8年前に東海道新幹線からパタパタが消えたんですよね。これも時代の流れというものですかね~

この反転フラップ式案内表示機ですが、パタパタと表示が変わることから通称パタパタなんて愛称で親しまれているわけですが、近年は列車の増加や行先の増加、LED案内表示機の方が見やすい、反転フラップ式案内表示機の複雑な構造、同じく反転フラップ式案内表示機製造メーカーの廃業や部品の確保が出来ないという数々な要因から姿を消しつつあります。
20210111_192417
昨年初めごろまでは、横須賀中央駅でもこの反転フラップ式案内表示機が使用されていたのですが現在で現役で稼働する反転フラップ式案内表示機は京急川崎駅のホームに設置されているもののみとなっております。

おそらく、関東圏ではこの京急川崎駅でしか採用されていないかと思います。

今日はその京急川崎駅に設置されている反転フラップ式案内表示機を映像を入れながらとことん見ていきたいと思います!

京急川崎駅に設置されている反転フラップ式案内表示機で特筆する点としては、上部に路線図が入っている点ですね!

列車ごとに停車するランプが変わるのも注目する点だと思います。
現在多くの駅で設置されているLCD式だとほぼ液晶画面で済ませることが出来るので、見応えは無いですが、ランプが切り替わるという物凄くアナログチックな表示変更っていいですよね~

さて、主な稼働方法ですが・・・
列車が発車したあと、停車駅ランプが切り替わってから反転フラップ式案内表示機が稼働するという動作をします。

それを踏まえたうえで上記の動画をご覧ください!

ところ変わって、こちらはかつて京急久里浜駅に設置されていた反転フラップ式案内表示機

こちらの特徴は、下部にLEDで各種案内がスクロールで流れるという仕様になっているという点です。
京急川崎駅のものとは異なり列車が発車するとすぐに反転フラップ式案内表示機が稼働し変更します。


ということで、今回2駅の反転フラップ式案内表示機を見てきましたが・・・
注目すべき点は、やっぱり収録されているコマが気になりますよね?

今日は特別に収録されているコマの中でレアなものをちょっとだけ紹介します。
動くコマに注目して探してみてくださいね~

そうそう!YouTubeでは再生スピードを切り替えられる設定が有るので1倍速じゃ早すぎてわかんね~という方は、再生スピードを変えて見てくださいね~

では、スタート!
まず最初は、種別と両数のレアコマ!

①急行
かつて、京急で運行されていた種別。
今はエアポート急行という名称でしか登場しませんが、かつては運行されていました。

②10両
こちらもかつて運行されていた両数。
京急では最小の4両、6両、8両、12両でしか運行はされていません!
主に4両・6両が普通運用であり8両・12両が快特やエアポート急行に使用されるが、10両は運行されていませんがかつては運転していたようです。

さあ、皆さん大好きの行き先コマを見ていきましょう!

京急線と都営浅草線系統の行き先はさほどレアじゃないですよね~

①新鎌ヶ谷
まず、出てきたのが新鎌ヶ谷です。京成の駅ではなく北総線の駅です。
まあ、レアというわけではないですが・・・成田空港へ向かう途中駅の中では大きい駅なのであってもおかしくはないが、京急の駅で見るとやはり違和感www

②西白井
西白井駅とは、新鎌ヶ谷の次の駅なのですがなぜ?収録されているのかは不明

千葉ニュータウン中央
こちらもレアではありませんね~
正直なところ、羽田空港から出る列車の中にはこの行き先の列車もありますからね~

④金町
こちらは、かなりレア!
京成高砂から京成金町線に入るわけですからかなりレアだと思います。
しかし、なぜ金町を収録したのだろうか?

⑤宗吾参道
こちらもレア!
京成本線の途中駅。京成成田の手前ですね。
京成ユーザーの方ならよく分かると思いますが、京成の車両基地が有るのがこの駅です。
京成線からだとこの駅着の列車もあるのですが、京急から直通ではおそらく無いはずなのでレア!

⑥東成田
かつての成田空港駅だが、この駅にも京急からは来ないと思うのでレア!

⑦小岩
京成高砂の次の駅だが、こちらも見たことは無いですよね~

⑧京急久里浜・浦賀
続いて、京急線内の分割がある行き先。
まずは、京急久里浜と浦賀行き。おそらく堀ノ内で分割されると思われるのだが今までそんな列車は見たこと無い。

⑨三崎口・浦賀
こちらも多層建て列車。三崎口と浦賀行き。
こちらも堀ノ内で分割されるのか?
しかし、なんでこんなの収録したのだろうか疑問である。
京急で多層建て列車の計画でもあったのだろうか?

⑩京急久里浜・逗子・葉山
なんだ!この点ばかりの行き先はとなるwww

京急久里浜止まりと逗子・葉山に向かう多層建て列車。おそらく前8両が京急久里浜行き、後4両が逗子・葉山行きとなるのかなと想像する。とすると金沢八景で分割するのか?

ちなみに京急久里浜駅の方の動画では、「新逗子」となっているがこのコマ(京急久里浜・新逗子)も収録されているという驚きwww

⑪三崎口・逗子・葉山
そして最後も分割併合がある多層建て列車。
こちらも運転するとなると金沢八景で分割併合という事になりそう。

注目してもらいたいのは、新逗子は昨年春のダイヤ改正で「逗子・葉山」と駅名を変更したにもかかわらずちゃんと新規にコマを製造し収録されているというところに、京急には敬意を払わなければならないと思います。

駅名変更を理由におそらく横須賀中央駅の反転フラップ式案内表示機も撤去されたんだと思いますから・・・
コマを製造し新たに取り付ける作業は桁外れの重作業だと思いますし、そんなことをするぐらいならLCDの見やすい案内表示機に付け替えてしまった方が楽なんですから。
___________________________________________________________

こうレアなコマを見てきましたけど、一つだけ言えることは京急さんがこの反転フラップ式案内表示機を残そうと努力しているんだなというのがよく分かるかと思います。
先ほども書きましたが、LCDの案内表示機やLEDの発車標の方が断然見やすいんです。それなのに残してるわけです。本当なら駅名が変わるタイミングで京急川崎駅の反転フラップ式案内表示機も無くなってもおかしくは無かったと思いますよ。
20161007_171225
後世に鉄道遺産を残そうとし続ける京急さん!
今後も維持が大変かと思いますが、この反転フラップ式案内表示機をいつまでも残しておいてほしいというのがいち鉄道ファンとしてのお願いです。

京急さん!ありがとう!

鉄道コムバナー
↑ 鉄道コムランキング参加中 京浜急行についてもこちらで ↑


毎年、12月29日はベストショットシリーズをお届けしているのですが、今年はコミケがないので繰り下げて明日お届けします!

さて、先ほどまで東京駅と新宿駅で消え行く湘南ライナーとホームライナー小田原を撮影していました。
やはり廃止発表後、人が増えてきましたね~

廃止間際になるともっと混雑するので撮影はお早めにした方がいいですよー

さぁ、今日は国鉄時代から続いた伝統的な光景を紹介しましょう。
20201229_205637
そう!国鉄時代から続く乗車整理券方式の乗車方法である。

主な方法は………
電車が到着すると乗車口1ヶ所または2ヶ所を非常用ドアコックを使い解放し乗車させます。
(グリーン車も同様)
20201229_192126
乗客は、ライナー券券売機でライナー券を購入し指定された号車から乗り込みます。
その前に同上のようにライナー券の確認をされます。

これは、一般客とライナー乗車客を区別する目的があるのです。
全開放しちゃうと一般客も乗られちゃいますからね~

特急とは違い均一料金で乗れるのもメリットですが一般客が乗っちゃうと車掌1人で対応出来ないため予め駅で乗る場所を指定してしまった方がいいという観点からこういう方式を採用しているのです。

しかし、現在はICカードや機械の技術も進化したし自動改札も有りますからこういう方式を採用して無駄な人件費を使うより特急にしてしまった方が安上がりになりますからねー

そういう点では、乗車整理券方式は古いのかも知れません。
20201229_205958
さて、発車する時はというと到着した時とは逆の方法をします!
つまり、安全を確保できていることを確認した上で駅員が非常用ドアコックを操作し、さらに安全確認をした上で発車させるのです。

ここが見所の一つでもあります!
駅員と車掌のチームワークが試されるのです!

車掌が発車メロディーを流している間に駅員がドアコックを見張り、止めた段階で安全確認!さらに乗車客が居ないかを確認してドアコックを扱う、ドアが完全に閉まったことを車掌が確認して発車という行程を組みます。
これが一連の流れです。
20201229_201644
車掌と駅員のタイミングが合ってこそこの方式が成り立っているのです。

そういう方式を採用しているので、ライナー券も発車3分前、停車時間が短いライナーは乗車1分前には発売を終了させます。
直前まで発売してると車掌と駅員の連携が取れないですからねー
駆け込みとかされないタメにもそういう方式何ですよ!

だからこれから撮影して乗車する方は、撮影に気を取られてギリギリにならないように気をつけましょうねw

そんな乗車整理券方式の湘南ライナーとホームライナー小田原は来春のダイヤ改正で消滅してしまいます。
これにより、JR東日本から乗車整理券方式の列車は消滅となります。

これで、また1つ国鉄時代の名残が消えていく事になります。

残りわずかとなった乗車整理券方式の乗車方法を記録に収める方は駅員の邪魔にならないよう特に気を付けて撮影してくださいねー
特に黄色点字ブロックの外側は危険ですし、駅員が操作しますので離れて撮影しましょう!

鉄道コムバナー
↑ 鉄道コムランキング参加中 湘南ライナーについてもこちらで ↑


ここ最近更新出来ていなくて申し訳ございません。
実は、前回更新後からどったんばったん大騒ぎで・・・約6年間住んだ柏市から転居することになりました。。。

それにより、引越しの準備やらで忙しく更新できない状態でした。
現在も引越しの最中で、本当は画像とか入れたいんですが、データをすべて新居のほうに送ってしまったため、後日画像は入れたいと思います。



前置きはこのぐらいにして・・・
札幌~函館を結ぶスーパー北斗で食べられた長万部名物の「かにめし」が食べられなくなるようです。
まずは、こちらの記事をご覧ください!

長万部「かにめし」鉄路に別れ JR車内販売廃止で2月末 店頭は継続「原点失うのは寂しい

2019年2月18日 11:50北海道新聞

 【長万部】JR長万部駅(渡島管内長万部町)で70年近い歴史を持つ「かにめし」が、駅弁としての役割に今月末で終止符を打つ。JR北海道が経費削減を理由に、車内販売を廃止するため。駅ホームでの対面販売から始まり、当時の味そのままに、できたての弁当を乗客に届けてきた。駅前で製造・販売する「かにめし本舗かなや」は、店頭販売は続けるが「原点の駅弁を失うのはつらい」と惜しんでいる。

 かにめしは食糧難の終戦直後、地元で水揚げした毛ガニを塩ゆでし、ホームで手売りしたのが起源。乗客の評判を呼んだ同社の創業者が「漁期以外でも売れる弁当を」と各地からカニを集め、試作を50回以上重ねて1950年に生まれた。

 ご飯を覆うカニの身は、傷まないよう水分がなくなるまで大釜でいることで、独特の甘みと香ばしさを引き出す。錦糸卵やしいたけが彩りを添える弁当はホームで対面販売され、一躍人気に。列車が止まるたびに買い求める客でにぎわった。

 札幌―函館を結ぶ特急「スーパー北斗」などの停車時間が1分足らずに短縮されたのに伴い、98年からはホームでの販売を取りやめ、客室乗務員を通じて乗客の注文を電話で受け、車内販売するようになった。

 温かい状態で食べてもらうため作り置きせず、列車の停車10分前にホームに届くよう折り詰めし、列車に積み込む。現在は1日あたり特急5本を対象に1個1180円で提供している。

 しかし、JR北海道は道内で唯一、スーパー北斗で続けていた客室乗務員による車内販売を今月末で終える。長万部駅の「特製もりそば」、大沼公園駅の「大沼だんご」などとともに車内では買えなくなる。


あの長万部のかにめしも食べれなくなるのはちょっと悲しいですね・・・
スーパー北斗の利点って「かにめし」とか「大沼だんご」が車内で食べられることが最大の売りだったんですから無くなるのは、断固として容認できないというのが私の本音です。

さらに!JR東日本でも車内販売が無くなろうとしている・・・
あの有名なアイスも対象に・・・
こちらの記事をご覧ください。

弁当・アイスの販売も終了、JR東が車内販売サービスを見直し

2月18日 鉄道コム

JR東日本とJR北海道、東武鉄道は18日、新幹線と特急列車での車内販売営業を終了、または縮小すると発表した。

車内販売の営業を終了する列車・対象区間は、次の通り。新幹線では、「はやぶさ」「はやて」の新青森~新函館北斗間、「やまびこ」全区間、「こまち」盛岡~秋田間が対象。在来線特急では、「踊り子」、「日光」「きぬがわ」「スペーシアきぬがわ」、「草津」、「いなほ」酒田~秋田間が対象となる。これらの列車・区間では、3月15日をもって車内販売の営業を終了する。なお、グランクラスで提供するサービスについては、従来通り継続する。

3月16日以降も車内販売を継続する列車においては、同日より取扱品目を見直す。16日以降は、お弁当、サンドウィッチなどの軽食、アイスクリームなどのデザート、お土産、雑貨の販売を取り止める。なお、北陸新幹線「かがやき」「はくたか」では、従来通りの販売を継続する。

JR東日本は、今回の車内販売サービス見直しについて、飲食物を乗車前に購入する旅客が増え、車内販売の利用客が減少したためとしている。


あーあと言う言葉しか出ないですね…
確かに利用客数の低下ということは事実なんでしょうけど車内販売の楽しみというのも有るんですよね~

これによりJR北海道では車内販売が全廃という結果になりましたね。
JR東日本でも車内販売を継続する列車は品目が検討され弁当とかは販売されなくなる模様。

そして、新刊戦で食べるあの有名なアイスも…
Twitterでは「シンカンセンノスゴクカタイアイス」で有名なスジャータのアイスクリームも販売され無くなっるようです。

濃厚なミルクな味が美味しくて、新幹線に乗ったら食べたくなるこのアイスですが色々な味があるのも魅力的ですよね~
リンゴ味とか洋ナシ味とかいろいろな味が出てたんですよね。今後はイベントでしか食べられないのかな~と思うとちょっとショックを隠せませんね。

色々な醍醐味がある車内販売の衰退は、少しというより車内販売をよく利用している人たちにはショックを隠せないようです。

長万部の「かにめし」と大沼公園の「大沼だんご」は駅ホームでの立ち売りで売っていくスタイルにしてくれると嬉しいですね。
峠駅の「峠の力餅」とかかつての横川の「峠の釜めし」みたいに・・・

イメージ 1
↑鉄道コムランキング参加中 車内販売についてもこちらで↑


日頃、このブログを見てくれて誠にありがとうございます。
また、最近はめっきり更新しなくなりまして誠に申し訳なく思っております。

今後とも見て頂ければ幸いです。

さて、先週北海道に旅行に行っておりました!
今回の目的も昨年と同様に宗谷ラッセルの撮影を目的に行ってきました!

イメージ 6
@天塩川温泉駅 (2017年2月)

ここ最近ではディーゼル車のラッセル車は見られなくなってきておりますが、ここ北海道の宗谷本線と石北本線では今でもDEを使ったラッセル車を見ることが出来ます。

豪雪を跳ね除けて進むラッセル車は本当にカッコイイものです。

今日は、旭川運転所に所属するラッセル車を少しご紹介したいと思います!

イメージ 1

旭川運転所のラッセル車は前後に雪除けのラッセルを取り付けその真ん中にDE15を挟み込んで動かしています。

イメージ 2

現在、旭川運転所には13両のDE15が在籍しています。
その気動車が日替わりで運用についています。

イメージ 3

その他、石北本線では複線式のラッセル車も運用に入っています。

しかし、走行シーンの雪を跳ね除けている姿はやはり圧巻です!

イメージ 4

そんな、旭川のラッセル車を皆さんも見に行ってみてはいかがでしょうか?

イメージ 5
↑鉄道コムランキング参加中! 宗谷・石北ラッセルもこちらで↑

このページのトップヘ