185系は引退してしまいましたが・・・
現在も185系に似た汎用型特急形が走っているのを皆さんはご存じだろうか?
特急にも普通電車の運用も受け持って運転されているその列車は・・・
20210310_090115
そう!JR東海を走る373系である!!!

もともとは、JR東海管内で運転されていた165系の老朽取替えを主目的として、中長距離普通列車から特急列車まで、幅広い運用に応える汎用性の高い車両として開発された車両です。

373系は当初より身延線や飯田線などローカル線での短編成運用への投入(急行列車の特急格上げ)を念頭に置いたため、普通車のみ1M2Tの3両編成を基本ユニットとしており、必要に応じて編成単位で増結する方式をとっています。
また、他のJR東海の特急型車両(383系電車・キハ85系気動車)と同様に眺望を意識して窓ガラスを大きくしたことから、これらと同じく『ワイドビュー』の愛称を持つ車両となっている。

つまり!普通電車でもワイドビュー普通ということwww

185系との違いとしては・・・
185系は東海道線普通列車への充当を念頭にしていたためグリーン車を併結した10両編成が基本編成となっていることが大きな違いです。
373系については、185系とは違い臨機応変に編成を変えることが出来るというのが大きな強みと言っていいと思います。

373系は現在、静岡車両区(静シス)に所属しており主な運用は・・・
DSCF5768
身延線の特急「ふじかわ」、飯田線の特急「伊那路」が主な運用となっているが、現在でも間合い運用として普通列車として充当されています。

普通列車としての主な運用は、東海道線の浜松~豊橋間(上下3往復)沼津~熱海間(上下1往復)飯田線 駒ケ根~天竜峡間(上り1日1本)、天竜峡~飯田間(下り1日1本)の運用についています。
45473804
かつては、特急「ワイドビュー東海」や東京発静岡行きの普通列車として東京口にも顔を出していました。

なお、こちらの記事については当ブログで書いた特集から「~静岡へ一直線!特急「ワイドビュー東海」~」の記事をご覧ください!

その他、「ムーンライトながら」もこの車両がかつては受け持っていた。


先日引退した185系とは違い、現在も多岐にわたって使用されている373系もデビューから26年が経過しました。185系が40年でしたからあと14年ぐらいは走れそうですねwww

私個人的には、この車両あまり好きではないんですが・・・
185系が引退した今!この車両が注目されてもいいのではないかと思い今回記事にしました!

特に注目してもらいたいのが、音なんですよ!
とりあえず、動画を見て発車する音とモーター音に注目して見てもらいたいです。
どうです?185系にも引けを取らないほどの良いモーター音じゃないですか?

185系は185系で唸るブロアー音やブレーキ緩解音、ドア開閉音など聞きどころが満載ですよね~
先日NEW DAYSで発売した「185系CDブック」なんて即日完売したほど185系は確かに音は良いですもんね~

けど、こちらもいい音だと思いませんか?
JR化後は、あまりいい音が鳴る電車って減りましたがE501系のドレミファインバーターや209系のブレーキ緩解音、そして373系のモーター音はJR化後の列車の中ではいい音の部類に入るかと思いますが、皆さんはどうでしょうか?

185系が引退した今!185系にも劣らない魅力があるJR東海373系の話題をお届けしました!
最後にもう1本動画を公開します!
373系の貴重な幕回しです!注目してもらいたいのは今は使わない方向幕が有るという事です!

特に「東京」の幕や「シュプール」など今や見掛けない幕が収録されている点にも要注目でご覧ください!

鉄道コムバナー
↑ 鉄道コムランキング参加中 373系についてもこちらで ↑