前回の記事、大反響いただき誠にありがとうございます。
まさか、書いて早々上位に入り数時間後には1ケタ代の順位からの翌朝には1位となっており正直驚きを隠せませんでした。

さらには、ライブドアブログ(鉄道)の方でもランキングが最大で2位にまで浮上していてビックリでした!

最終的には、過去最高の3000人もの方に見て頂いたこと感謝いたします。

正直なところを申しますと・・・
あの記事を書いた経緯としては、JR東日本が努力していたのは承知の上なんですけど、なんか物足りなかったというのが感想なんですよね。。。
東北の方に本当に寄り添っているのか?疑問に思う点を記事にしたのがあの記事なんです。

まあ、何はともあれ東北新幹線が復旧して本当に良かったですね~

さて、それでは本題に戻りましょうか!
前々回、特急ひたちが延長運転に際し・・・いわき駅での動向を見てきたわけですが、今度は起点側の上野駅での様子を見てきたので報告していきます!

★上野駅 中央改札
DSCF1381
通常の特急ひたち仙台行きは16時が最終となっていますが・・・
この臨時運転期間中は、19時ちょうどが最終とななっていました!

上野駅中央改札にある常磐線特急専用の電光掲示板も「仙台」の文字に変更されていました!
この時間に見る仙台は意外に新鮮でしたね・・・

まあ、東北新幹線の2倍かかるんですけどねwww

★上野駅 8番線ホーム
20210219_185952
ところ変わって上野駅8番線ホーム・・・
8番線ホームは皆さんもご存知の通り、2015年以降はこのホームが常磐線特急ホームとなっておりこのホームが北の玄関口となりつつあります。

正直な話、このホームにも「ああ上野駅」の発車メロディー入れた方が良いんじゃないかと思います。

と、そんな話は置いといて・・・
はい!こちらも「仙台」の表示になっていますが、注目してほしいのは駅員が繰り返し「この列車は先日発生いたしました地震の影響によりいわき~仙台間を延長して運転しております。仙台までご利用の方はいわきまでの特急券をお買い求めください!いわきから先は臨時の快速列車として運転いたします。」「いわきから先の停車駅は原ノ町、相馬、岩沼です。それ以外の駅には停車いたしませんのでごご注意ください。」と放送しているという点でしたね。

また、上野駅では次発放送の自動放送も仙台までの停車駅が案内されるということで少し興味深い感じでしたね。

通常の特急ひたちはいわきから先は結構な駅数を停車しますからね~

★特急ひたち25号入線
20210219_185910
駅の電光掲示板はすべて「仙台」と表示しているからもしや側面方向幕も・・・と思いきや

側面方向幕のROMは定期列車用に固定されているため変更はされないんです。
まあ、あえて臨時列車用で表示させることも可能と言えば可能ですが、そうしちゃうと自動放送が入らなくなるというデメリットが生じるのでいわきまではこの表示を続けるという方式を採用しているみたいです。
______________________________________________________

そんなこんなで、24日の「特急ひたち25号」をもって臨時快速の運転は終了しました!

通常3往復しかない特急ひたちの車両が、5往復仙台へと東北新幹線の変わりを務めました!
震災の大津波から昨年3月復旧し、常磐線がまた輝かしい功績を残したのに違いありませんね~!

首都圏と仙台は切っても切り離せない関係ですからね!
かつて、常磐線ではあの特急はつかりも走行したことがあるという首都圏と仙台を結ぶ重要な幹線です!東北本線・東北新幹線・常磐線が互いに助けあっているというのが今回の東北新幹線の被災でお分かりになったかと思います。

また、こうして常磐線が注目される日を地元民として私は楽しみにしております!

最後に・・・
上野駅で流れた貴重な放送&貴重な仙台までの停車駅スクロールをご覧ください!

鉄道コムバナー
↑ 鉄道コムランキング参加中 仙台までの延長運転もこちらで ↑