今日から12月!
今年も残すところあと1ヶ月となりました!早いものです!

さあ、そんな月初めに悲しくもラストランを迎えた車両がある!

DSC_0385

そう!真岡鐡道のC11形蒸気機関車325号機である。
かねてから、真岡鐡道では経営不振で維持費がかかるSL2台持ちを断念しており売却先を検討していた。

そこで募集をかけたところ、落札したのはなんとすでにJR北海道から貸与されているC11を運行する東武鉄道が名乗りを上げた!どうやら1億2000万円で落札したらしい・・・ 

①JR東日本への貸し出しどうなる?
かねてから真岡鐡道は積極的にJR東日本への貸し出しを行っていたし、車両の検査についてもJR東日本の大宮総合車両センターに受託していたという事もあり、東武鉄道に譲渡されたらJR東日本管内で走ることも無くなってしまうのかもしれない・・・

②下今市機関区収容能力大丈夫?
DSCF3875

上の写真のように下今市機関区には収納庫が2つしかない現状C11-207を保有し、さらに復元作業中のC11-1(旧江若鉄道所属)を保有している。
そして、今回のC11-325を真岡鐡道から落札したことによって、今後は3機を収納することになる。

その他にもプッシュプルで使うディーゼル機関車なども保有しているわけですから収納できるのかが不安である。

画像を見た感じ奥行きもありそうなので縦列して収納する可能性もあるかもしれませんが・・・果たして・・・

③2機を保有+1機貸与のC11で考える東武の未来予想
DSCF3907

合計で3機が下今市機関区で保有することになる東武鉄道が考えること・・・
現在、不安定な運行状態に加え異常が発生した際に変更するための機関車が無いというのは致命的でそれを無くすことを視野に入れているのは間違いありません。

それがC11-1とC11-325に与えられて任務です。では、JR北海道から借りているC11-207は?
これはあくまでも推測ですが、JR北海道に返却するというのも考えられるかもしれませんし・・・3機になって余裕が生まれることからJR東日本管内への派遣(C11-325のみ)というのも考えられるかもしれません。

ただ、派遣されるのは今までJR東日本管内を走ったことがあるC11-325に限定されるでしょう。
考えられる懸念としては今までJR大宮総合車両センターがC11-325の検査を担当していたのですが、今後はJRから知識をもらった東武鉄道が担うことになるという事。つまり、JRの保安装置を残すも殺すも東武次第という事になる。

そして、壮大な計画としては下今市~会津若松への運転も視野に入れているのでは?
かねてから・・・と言うよりC11-207が東武に来てから展示は幾度となくやりましたがC11-207が会津若松駅で展示を行いJR東日本新津所属のC57とともに展示されたというイベントがあった。

DSCF3897

この時はDE10のディーゼル機関車に惹かれて会津若松へとやってきたが、将来的にはC11を会津若松まで運転したいのではないかという野望も見える。
幸いなことに、会津鉄道線の会津高原尾瀬口には使われなくなった転車台があるし、会津若松にも転車台があるというのは願ってもない好都合ですしね。

なにより、東武とJR東日本も互いに敵対視しなくなったというのもあるのかも。
3機になることにより、運転に余裕が生まれ会津若松乗り入れも検討しだすかもしれません。
ただ、そうなると野岩鉄道線内と会津鉄道線内のSL運転は誰がやるんだ?という話も出てきます!

まあ、ディーゼルカーのAIZUマウントエクスプレスの運転が会津若松~鬼怒川温泉・東武日光間の全線を会津鉄道に移管しているという事もあるので、SLを乗り入れて東武の機関士が運転することにより貸し借りなしという状況を作る可能性も無きにしも非ずという感じでしょうか~

真岡を去ったC11-325がどのような運命をたどるのか今後要注目という感じがします!

鉄道コムバナー
↑鉄道コムランキング参加中 C11-325についてもこちらで↑