Project JRS公式ブログ

只見線を応援する同人サークル「Project JRS」公式ブログ! Project JRSでは茨城県及び北海道も応援しています!

2018年06月

6月17日品川駅線路切り替え工事が行われました。
これにより、京浜東北線の横浜方面が5番線へ移動しました。

この影響により始発から10:40頃まで上野~品川間が運転見合わせとなり、上野駅・品川駅での折り返し運転となりました。

前回上野4番線に到着した電車は折返し作業のため日暮里方にある中線へ回送されていきました。
今回はその中線から上野1番線に入線するまでを映像を交えてご紹介します。

イメージ 1

山手線の間に挟まれた中線に到着した京浜東北線は、すぐさま運転士がまた1号車へと戻ります。画像はまだ開通していない状態。(ポイントが右側に付いている)

イメージ 2

その間に山手線外回り(東京方面)を1本見送り

イメージ 3

続いて内回り(日暮里方面)を見送ると中線の入換信号が開通します。

ここで先ほどと違うのが中線にある入換信号には下にモニターがあり、そこに数字が入線する番線の数字が表示されます。

これは、緊急時の上野折返しを想定したもので、山手線への入線も出来ることを想定してあるからです。

今回は、京浜東北線の北行きホームに入線するので「1」と表示されます。

イメージ 4

入線する番線が表示されたのを確認し、警笛を鳴らして中線を発車し・・・

イメージ 5

山手線内回りの線路を渡り、京浜東北線北行きホーム(上野1番線)へと入線するのです。

その入線している最中に4番線にまた上野折返しの京浜東北線が上野に到着・・・
この流れを繰り返しを行っていたため東十条~上野間の時刻が約10間隔だったのです。

それでは、山手線内回りの通過から中線の開通→京浜東北線の入線までを映像でご確認ください。


以上、2週間に渡る品川駅線路切替工事の上野駅での折り返しの模様をお届けしました!

イメージ 6
↑鉄道コムランキング参加中! 品川駅線路切替工事についてもこちらで↑


6月17日品川駅線路切り替え工事が行われました。
これにより、京浜東北線の横浜方面が5番線へ移動しました。

この影響により始発から10:40頃まで上野~品川間が運転見合わせとなり、上野駅・品川駅での折り返し運転となりました。

上野駅では、滅多に見られない折り返しの入れ替え作業を見ることが出来ました。

今日は、そんな上野駅での折り返し入れ替え作業を動画を交えながら紹介していきたいと思います。

イメージ 1

まず、上野4番線に到着した電車はすぐさま反対側の車掌室側に運転士が乗り込みます。それと同時並行して車内の点検をして戸閉をします。

3番線に東京方面の山手線が到着するとポイントが切り替わり入替信号が開通します。

イメージ 2

警笛を鳴らし25㎞/hのスピードでポイントを転線していき、2・3番線の真ん中にある中線へと入ります。

その入れ替え入線中に先発の電車が上野を出発して1番線を開けます。

まずは、ここまでを動画でご覧ください!


今回の品川駅線路切替工事では滅多に見られない上野駅での折り返しや数々の珍しい写真を収めることができました!

イメージ 5

まずは、終電間近でしか見れない「上野行き」の表示。

イメージ 6

この表示は通常、日中では目撃することはほぼありません。

そして、上野駅での折り返し運転。

イメージ 3

この写真では、入れ替えの様子を上野駅至近の場所にある両大師橋から撮影した様子です。

イメージ 4

上野駅4番線から出発し、山手線の線路を逆走・・・
そして、上野駅にある中線へと入るのです。

次回、中線から上野駅1番線への入線までをお届けいたします!

イメージ 7
↑鉄道コムランキング参加中! 品川駅線路切替工事についてもこちらで↑


いやはや、いろいろとありましてまた更新できていないことお詫び申し上げます。

前回の続きのまま更新途絶えておりますが、近日中に仕上げますので今しばらくお待ちを・・・

さて、明日品川駅の線路切り替え工事によりまた発着番線が変更となります。
まずは、明日の工事の概要を説明いたします。

イメージ 1

明日の線路切替工事では、前回の工事で使用停止した旧東海道線上りホームの5番線を京浜東北線の横浜方面(南行)の線路へ切り替える工事を行います。
それにより、4番線が使用停止へと移行します。

これは、品川~田町間の新駅開業に伴う線路の移行です。おそらく、新駅開業後は元の場所に戻るものと思われます。

イメージ 2

この工事に伴い、本日終電後より翌朝10:40頃まで京浜東北線が品川~上野間で運休となり、大宮方面は上野駅または東十条駅での折り返し運転となります。横浜・大船方面は品川駅での折り返し運転となります。

イメージ 4

また並行して走る上野東京ラインにも影響が発生し、宇都宮・高崎・常磐線はすべて東京駅での折り返し運転

イメージ 5

東海道線はすべて品川駅での折り返し運転となります。


まあ、ここまでは皆さんも知ってる情報ですよね~
ということで、もうちょっと深読みしていきましょう。

現在の品川駅の線路配置を今一度確認しましょう!


1番線:山手線 内回り(東京・上野方面)
2番線:山手線 外回り(渋谷・新宿方面)
3番線:京浜東北線 北行き(上野・大宮方面)
4番線:京浜東北線 南行き(横浜・大船方面)
5番線:2016年11月19日より使用停止中(旧東海道線東京方面)
6番線:使用停止→2016年11月19日より東海道線東京方面・上野東京ライン(大宮方面)
7番線:上野東京ライン(宇都宮・高崎線)
8番線:臨時ホーム(ライナーや回送列車に使用)
9番線:上野東京ライン(常磐線特急)
10番線:上野東京ライン(常磐線)
11番線上野東京ライン(常磐線)東海道線横浜・熱海方面
12番線:東海道線横浜・熱海方面
13番線:総武快速線 千葉方面
14番線:横須賀総武線 千葉・横須賀方面
15番線:横須賀線 横須賀方面


前回の大規模工事は2016年11月19日に行われ東海道線の線路の切替工事が行われました。
開業時より東海道線の上り(東京方面)として使用していた5番線の使用を停止し、6番線に東京方面を移動させました。

イメージ 3

今回はその使用を停止させた5番線を京浜東北線が使用するホームへと変更されます。
これによる弊害としては、第2ホーム(京浜東北線が使用していたホーム)が南北で分離される。
ただ、平日朝夕は慢性的に混雑する第2ホームが分離されることによって混雑が多少は緩和されるが、第3ホーム(東海道線東京方面)に蒲田・横浜方面各駅の京浜東北線利用者が流れ込むので今後このホームの混雑率が飛躍的に跳ね上がると思われる。

今後、品川駅がどのような変更がされるのか?今後も要注目です!

鉄道ファンとしては、京浜東北線のレア行き先(上野行き・品川行き)という終電近くでしか見られない行き先も要注目だ!

イメージ 6
↑鉄道コムランキング参加中! 品川駅線路切替工事についてもこちらで↑

このページのトップヘ