Project JRS公式ブログ

只見線を応援する同人サークル「Project JRS」公式ブログ! Project JRSでは茨城県及び北海道も応援しています!

2013年11月

レスポンス

新大阪駅の旧17・18番線ホーム(左)と、ホーム増設用のスペース(右)。現在は増設用スペースに17・18番線ホームが設置されている。12月8日からは旧17・18番線ホームが新しい15・16番線ホームになる。

JR西日本は11月28日、新大阪駅(大阪市淀川区)の在来線ホームのうち、15・16番線ホームを12月8日から新しいホームに切り替えると発表した。おおさか東線(2018年度末全通予定)の工事の一環。

切替工事は12月7日深夜から8日の早朝にかけて実施され、現在の15・16番線ホームの東側に隣接している新15・16番線ホーム(旧17・18番線ホーム)に切り替える。新15番線ホームは5時34分発の西明石行き普通列車から、新16番線ホームは5時19分発の西明石行き普通列車から、それぞれ使用を開始する。

一方、12月7日深夜(8日)の0時15分に京都駅を発車する大阪行き普通列車が、切替工事に伴い吹田~大阪間のみ運休する。JR西日本は高槻0時38分発の大阪行き臨時快速列車を運転するほか、吹田~大阪・吹田~東淀川・東淀川~大阪各区間を結ぶ代行バス・タクシーを運行し、運休による影響を最小限にとどめる。

切替工事に伴い、新16番線から下り外側線につながる渡り線も新たに整備する。渡り線を設置することで、新大阪~大阪間の下り内側線を走行していた新快速列車と快速・普通列車の線路を分けることが可能となり、一方の列車が遅れても、もう一方の列車の遅れが縮小される。また、新ホームにはLED照明を導入し、現在の15・16番線ホームに比べ消費電力が約35%削減される。

新大阪駅の在来線ホーム移設工事は、おおさか東線の工事の一環として実施されている。同線は新大阪駅から片町線(学研都市線)の鴫野・放出両駅を経て、関西本線(大和路線)の久宝寺駅に至る全長約20kmの鉄道路線として計画されており、線路の大半は片町線の貨物支線(城東貨物線)を電化・複線化して旅客列車を走らせる。南側の放出~久宝寺間9.2kmは2008年3月15日に開業しており、現在は北側の新大阪~放出間11.1kmが2018年度末の開業を目指して工事が進められている。

新大阪駅には在来線ホームが4面8線設置されているが、おおさか東線の建設に伴いホームを一つ増やす必要があるため、以前から在来線構内の東側にホームを1面2線分増設するためのスペースが確保されていた。しかし、おおさか東線の計画変更により同線のホームを西側に設けることになったため、ホームを増設してから東海道本線(JR京都線)用のホームを東側に一つずつスライドし、これによって空くことになる現在の11・12番線ホームをおおさか東線用のホームとして使用することになった。

東側新ホームは2012年12月16日、新17・18番線ホームとして使用を開始しており、今回の切替工事は15・16番線ホームを旧17・18番線ホームに移設する形になる。その後は13・14番線ホームと11・12番線ホームを東側にスライドさせる工事を引き続き実施する予定。

2012年12月に実施された切替工事では東側に新しいホームを設置し、これを新17・18番線ホームとして使用を開始。同時に旧17・18番線ホームの使用を停止した。

今回の切替工事では、旧17・18番線ホームを新15・16番線ホームとし、現在の15・16番線ホームは使用を停止する。13・14番線ホームと11・12番ホームも同様の方法で東側にスライドさせる予定。

JR西日本公式

この図を見る限りだと、旧17・18番のりばが、新15・16番のりばとなるみたいですね~
今年3月に見に行ったときは工事中だったんですよね~!

イメージ 1
たぶん、この右側工事中のホームが新ホームとなると思います。

新大阪駅はホント1年ごとに変わっていきますね~
将来、新大阪駅はどうなるんだろうか・・・

やはり、5面10線になるのかな~大阪に次ぐ関西最大ターミナルになりそうですね・・・まぁ、今もそうですがw

ということで、11月最後は来週に迫った新大阪駅改良工事話題をお届けしました。

イメージ 2
↑鉄道コムランクング参加中! 新大阪駅話題もこちらで↑


方向幕専門のページを設立に向け準備を整えていたわけですが・・・
結局、ヤフーブログでやることとなりましたw

ブログ開設まではこぎつけたわけですが、まだ更新前なので何もありませんが・・・
じきに更新するのでしばらくお待ちください。

そうそう、このブログももうすぐ1周年を迎えます。作ってからは1周年を迎えましたが・・・
1周年を記念してブログを少しリニューアルさせていただきました。
あまり変わっていませんが・・・

ということで・・・前置きはこのぐらいにして!


今日はりんかい線のキャラを紹介したいと思います。
イメージ 1

「りんくる」とかいうキャラなのですが・・・
なぜか惹かれてしまうという、可愛らしいキャラです。

私もよくわからないのですが・・・なぜか可愛くて買ってしまったというw

りんかい線の公式キャラみたいなので詳しく気になる方は下記サイトをチェック!


最近めっきり205系が消えてしまったな~と思いますね。
昨日、今日と埼京線沿線へ出向いたわけですが・・・205系を見かけなかった!

これは早めに撮影したほうが良さそうですね!

ということで・・・今日は「りんかる」話題をお届けしました。

イメージ 2
↑鉄道コムランクング参加中! 鉄道最新情報もこちらで↑


11月23日「みと鉄道ふれあいまつり」を見に行ったあと、水戸を経由して水郡線へ乗りました。

イメージ 1

目的は袋田の滝と常陸大子名物の駅弁「奥久慈しゃも弁当」です。

常陸大子駅は水郡線内でも大きい駅で、駅構内に水スイこと水郡線営業所があります。
この駅も結構おもむきがある駅舎をしています。

イメージ 2

駅内も近年ではあまり見られない。
イメージ 3

なんと、電光掲示板ではなく・・・
手動の掲示板となっています。

手動の掲示板の左上には水郡線の運行情報があります。
これもあまり見られないですよね!

さて、ここまでは前置きです。ここからが本題!
水郡線にもリゾート列車が走ってくれればいいのにな~って思っています。

現在、定期列車は上のキハE130系が走っていますが、この気動車首都圏で走っている電車とおんなじで全然座り心地が良くない。

そして、旅情を楽しむことも、車内で駅弁を食べることもできない!
もともと、この気動車自体通勤型と言っても過言ではないのかも知れませんが・・・

水戸周辺は結構水郡線も混みますからね~

そこで、土日祝日は旅情を楽しめるようリゾート列車を導入したほうがいいのではないかと思います。

現在水戸支社のリゾート列車は勝田所属の485系を改造した「リゾートエクスプレスゆう」だけです。

イメージ 4

非電化区間用にマニ50を改造した電源車。通称「ゆうマニ」と呼ばれる車両もある。ちなみにこの「ゆうマニ」は水スイ所属車です。

ですが、1991年に登場した「リゾートエクスプレスゆう」ですが、非電化用ではない485系改なので水郡線には向かない車両です。
車内もリゾートっぽい車両ではないですからね~

できれば・・・
イメージ 5

秋田支社の「リゾートしらかみ」や長野支社の「リゾートふるさと」、盛岡支社青森支店「リゾートあすなろ」、仙台支社の「びゅうコースター 風っこ」等JR東日本にはリゾート列車が数多くありますが、水戸支社管内の水郡線は他支社から「風っこ」や「ふるさと」は入線がありますが・・・
それ以外の列車は入線したことがありません。

水戸支社には水郡線があるので水郡線用のリゾート列車を導入してもいいような気もします。
もしくは、仙台支社と共通運用のリゾート列車を入線させるのも1つのアイデアだと思いますが・・・
幸いにも仙台支社はリゾート列車が多くありますから・・・

是非とも水戸支社にも水郡線の旅情をかき立てるためにも入れてもいいのにな~ッて思いました。

キハE130系じゃ旅情を楽しめないし、五能線や津軽線みたいにローカル線に入れるのも悪くないのでは・・・


イメージ 6
↑鉄道コムランクング参加中! 鉄道最新情報もこちらで↑


前回は皆様アクセスありがとうございました。
おかげさまで、総合ランクング52位を記録しました。
本当にありがとうございます。

さて、前置きはこのぐらいにして・・・
今日は「勤労感謝の日」ということで、茨城県内フリーきっぷの「ときわ路パス」をフル活用してプチ旅行を楽しんできました。

みと鉄道ふれあいまつりに行く前に・・・
取手駅で「ぶらり高尾散策号」と時刻が重なったので撮影しました。

イメージ 1

いつもとお馴染みのK308編成でした。
取手駅の案内表示板は・・・

イメージ 2

「臨時」「EXTRA TRAIN」と交互に表示されていました。
柏駅も「快速」表示じゃなくてこっちのほうが正解ですね!

訳のわからない方、以前「ぶらり高尾散策号」の問題点を書いた記事があるのでそちらをご覧ください。

さて、「みと鉄道ふれあいまつり」の会場となったのは内原電留線という場所です。
友部から内原にかけて上下線で別れる部分があります。もともとは、内原機関区というのがあったらしいのですが、戦後用途不要になり線路を撤廃したので現在のようになっています。(ちなみに近年まで転車台があったとのこと!)
その旧内原機関区を再開発して、一部を電留線として設置したことで現在の内原電留線があります。主に、水戸始発の電車の送り込み等で使用されるとのこと。

そこで「みと鉄道ふれあいまつり」は開催されました。

イメージ 3

まずは、廃止された車両たちを撮ってきました。
素晴らしい並びですね!

ちなみに全部撮影すると・・・
イメージ 4

こんな感じ・・・
E657系はなんか運転台見学ができるということで、人が写り込んでしまうという残念な結果に・・・

一番左から
・EF510-10(カシオペア色) 田端運転所所属・・・写り込まなかったw
・E653系(オレンジバーシモン) 勝田所属K353編成
・485系(国鉄色) 新潟所属K1編成
・651系 勝田所属K103編成
・E657系 勝田所属K4編成

というふうに並んでいました。
なぜ、田端のEF510が居たのかが謎ですw
そして、485系も含めすべてK編成という偶然。

ここまで並ぶと圧巻ですね。
ちなみに、滞在時間約30分という驚異的な早さで退散したのでこれ以外には撮っていないし見てもないんです。あしからず・・・

手前側電留線には、
イメージ 5

E531系K422編成が止まっていました。

この後、水戸に出て水郡線で常陸大子へと向かいました。
この話はまた次回以降に・・・

ということで、今回は「みと鉄道ふれあいまつり」話題をお届けしました。

そうそう、近いうちにリニューアル工事を実施いたします。画像とかがちと変わるぐらいです。あまり変更はないと思います。

イメージ 6
↑鉄道コムランクング参加中! 歴代のひたち号もこちらで↑


寝台特急維持、政府・与党に要望

イメージ 1

11/20 東奥日報

 2015年度末の北海道新幹線開業に合わせ、青い森鉄道線(目時─青森)を走行しているJRの寝台特急「北斗星」(上野─札幌)の廃止が検討されている問題で、廃止された場合はJRから青い森鉄道に入る「夜行寝台等収入」(年間約4億円)が大幅に減り、経営を揺るがしかねないとして、本県関係者が危機感を強めている。本県など12道県でつくる並行在来線関係道県協議会(幹事・富山県)は19日、寝台特急の運行本数の維持をJR側に働きかけるよう政府・与党に要望した。


さてさて、ついに青森県が動き出しました。
しかし、問題がある・・・
確かに青森県は寝台列車廃止で損失を被ることになるが、北海道新幹線が開業すると線路の補修作業を夜間に行う必要が生じる。

現在のダイヤ通りに今後も運行するなら「北斗星」及び「カシオペア」のダイヤを見直さなければならなくなるか、区間を青森までに縮小するしかなくなる。
その辺を青森県はどう考えているのだろうか?

北海道新幹線開業で青森が通過される県となる可能性が高まる上に、寝台列車の廃止でダブルパンチを食らいそうなので、寝台列車は残してあげてもいいように思えますね。

あとはJR東日本とJR北海道次第ってことですかね!
国に要請してもどうこうなる問題じゃないような気がするが・・・

ちなみに、北斗星及びカシオペアの青函トンネルに入る時刻は以下のとおり(あくまでも予想時刻です)

カシオペア(下り) 3:30頃
カシオペア(上り) 22:00頃
トワイライトEXP(下り) 3:40頃
トワイライトEXP(上り) 19:50頃
北斗星(下り) 5:08頃
北斗星(上り) 22:40頃
はまなす(下り) 23:40頃
はまなす(上り) 4:20頃


この時刻を見て分かる通り、北海道新幹線が開通したら本当に寝台列車は危うそうですね。
この感じだと、寝台特急の時刻が変わるのは必須ですね。
変わりそうなのは、札幌発の寝台特急とかは時刻が変わりそうですね。

いずれにせよ、上の列車の中でどれが先に時刻が変わるかが注目ですね!


イメージ 2
↑鉄道コムランキング参加中! 寝台特急廃止話題も鉄道コムへ↑

このページのトップヘ