Project JRS公式ブログ

只見線を応援する同人サークル「Project JRS」公式ブログ! Project JRSでは茨城県及び北海道も応援しています!

2013年09月


はてさて、色々と問題が浮上してくるJR北海道ですが・・・
明日から北海道へ旅行することとなった私にとっても大きな問題であるのも事実な話。

ということで、今まで起きたJR北海道の事故・事件を振り返りましょう!

そもそものスタートはこの事故から・・・

2011年5月27日 石勝線特急列車脱線火災事故 「スーパーおおぞら14号」この事故から北海道の事故や不祥事が多発したと入っても過言ではない。

イメージ 1

そして・・・2013年になり問題は更にエスカレート!
あまりニュースにはなっていませんでしたが・・・今年初の事故は

①4月8日 特急「北斗」 八雲駅停車中に出火
②7月6日 特急「北斗14号」 鷲ノ巣~山崎走行中に出火

②の事故は大きく取り上げられたのは印象に残っているはず・・・私の記事にも当時カシオペアが大々的に遅延したことを書いています。
ここから全国ニュースのほぼ毎日と言ってもいいぐらい取り上げられます。

③7月10日 L特急「スーパーカムイ18号」 岩見沢~上野幌走行中に異臭騒動
④7月15日 特急「スーパーおおぞら3号」 上野幌~北広島走行中配電盤から出火
⑤7月22日 特急「スーパーとかち1号」 十勝清水~羽帯走行中エンジンから煙
⑥8月17日 貨物列車 八雲~山越走行中路盤流出のため脱線

こうして事故や不祥事が多発したJR北海道は9月3日に減速減便に踏み切った!
しかし、不幸はまだ終わらない・・・

⑦9月7日 寝台特急「北斗星」 札幌運転所内 運転士がATSぶっ壊す
⑧9月9日 寝台特急「カシオペア」 有珠駅 ATSが2回も誤作動
⑨9月19日 貨物列車 大沼駅付近 線路が広がっていて脱線 後に97箇所で同様な事象ありとのこと
⑩9月24日 普通列車 白糠駅 車両から煙
⑪同日 特急「オホーツク8号」 網走駅 ブレーキ部品脱落
⑫9月25日 貨物列車 上磯~矢不来信号場 緊急停止 → 後に異常なしと確認

このように・・・JR北海道の事故や不祥事がここまで明るみに出て観光にも影響が出ています。
JR北海道にはJR東日本所属の「East-i D」が先月かにチェックを行っていたはずなのに線路の広がりが今更発覚するとか隠蔽していたとしか考えられない事態だと思います。

これもすべて・・・赤字路線を多く所有しているJR北海道だからなのかもしれませんが・・・
赤字を補填すべく列車の高速化・コスト削減をした結果が以上のような事故の多発につながったのだと考えられます。
確かに、列車の高速化をすることによって列車の方に客足が流れると想定していたのでしょうが、ここまでひどく取り上げられればJRを敬遠する人も増えるのも事実なんです。

目先のことばかり考えていたJR北海道には今後より一層「安全第一」を徹底してもらいたいものですね。

昨日、森元首相は「JR東海にJR北海道を買わせたら?」とか言われたらしいです。
個人的にはそんなことは許せないことですが・・・JR東日本が手を差し伸べるべきなのではないかと・・・

合併まではしなくていいと思いますが、JR東日本と北海道の技術力を合わせて事故のない安全な会社を作ってもらいたいですね。

今後のJR北海道の対応に注目ですかね~

イメージ 2
↑鉄道コムランキング参加中! 鉄道最新情報もこちらで↑


 JR東日本が、主に新宿(東京)-松本(長野県)間を走る特急「スーパーあずさ」や「あずさ」などの中央線特急に、乗り心地を改善した新型車両を2016年以降に導入する方針であることが16日、分かった。

 世界文化遺産に登録された富士山観光で、東京方面からの乗換駅となる大月(山梨県)があり、観光客の利用増を目指す。

 新型車両は秋田新幹線E6系「スーパーこまち」などで活用した先端技術を採用し、カーブを高速で通過する際に車体下部の装置「空気ばね」によって車体を緩やかに傾けることで乗り心地を高める。スーパーあずさ、あずさのほか「かいじ」(新宿-甲府間など)にも導入し、将来は新型車両に統一する考え。

 各座席に電源コンセントを設け、無線LANで高速インターネットに接続できるようにする計画で、高速バスに対する競争力も高める。ビジネス客らの利用も広げ「中央線特急を収益の柱としてさらに強化したい」(JR東日本幹部)という。

 新型車両への置き換え後、現在のスーパーあずさで使っているE351系は臨時列車などで用いる見通し。あずさ、かいじのE257系は他の特急に転用する予定で、東京と伊豆急下田(静岡県)、修善寺(同)をそれぞれ結ぶ「踊り子」などが候補という。(共同)

 [日刊スポーツ 2013年9月16日17時44分]


今日は定期ブログはお休みです。最新ニュースを仕入れましたのでこちらをご覧ください。

このニュースに重要な事が書いてあります。以下参照

中央線特急:E257系(あずさ・かいじ)・E351系(Sあずさ) → 新型車両に統一
特急踊り子:185系 → E257系
波動輸送用:183系・485系 → E351系・651系

つまり、上のような感じに2016年なるということですね。
これで国鉄形も消え去るってことなのか・・・寂しいものですね・・・

イメージ 1
↑鉄道コムランキング参加中! 鉄道最新情報はこちらで↑


昨日話したとおり、本日は仙石線の直通快速に乗車した感想を書きたいと思います。

イメージ 1

昨日も話したとおり、仙石線の一部区間が復旧していないため運転されています。
尚、この列車に乗車するには仙石線経由の乗車券・定期券で乗ることが出来ます。

小牛田経由で買うと(石巻線が地方交通線なので)運賃が高くなりますが、仙石線経由だと安く買うことが出来ます。

車両も昨日話したとおり・・・仙ココ(小牛田運輸区)所属のキハ110系気動車・原色です。

イメージ 2

石巻駅には17:50ぐらいに小牛田方から入線してきます。
約30分ぐらい停車することとなります。

発車15分前ぐらいに4番線に浦宿行きの石巻線が入線してきます。
発車前に3番線に後続列車となる浦宿発小牛田行きが到着します。この列車から直通快速へ乗り換える人がいるので車内は満席状態となります。

その前から並んでいる人が居ましたので・・・この時点で満杯状態だと思ってください。
ちなみに、この列車に乗ったのは金曜日です。その他の日がここまで混んでいるかどうかは、分かりませんので予めご了承ください。

石巻を定刻の18:17に発車し・・・快調に飛ばすのかと思いきや・・・そうでもなかったw
しばらく石巻線を小牛田方へ走行して、涌谷駅にて運転停車をします。約数分待たされます。

ここで、仙台を18時前に発車した「直通快速 石巻」とすれ違います。

通過待ちをした「直通快速 仙台」は涌谷を発車して小牛田へ向かいます。
1駅通過して小牛田駅到着と思いきや・・・

ホームが有る方には石巻行きが停車中につきその隣のホームがない方を華麗にスルー!
そして・・・小牛田運輸区前に停車!

ここで乗務員交代を行います。ってホーム無いんだけど!ってツッコミたかったんですが・・・
ハシゴで下りたんですかね?停車中にそのとなりに仙台から回送されてきた「リゾートみのり」が停車したのでもしやそっちに移ったのかなとも思いましたが・・・違いますよね?
(交代しているところは未確認なのでよく分かりませんが・・・なにせ運転室後のカーテンが閉められていましたので・・・)

小牛田運輸区前で乗務員交代した「直通快速 仙台」はここから複線になったこともあり、快調にスピードアップして一路仙台方向へ!

途中、減速した区間もありましたが・・・それは前の列車に接近し過ぎたんだと思います。
東北線をノンストップで上り定刻の19:38に仙台駅1番線に到着しました。

到着後、方向幕を見たらもうすでに「回送」に変わっていたので撮影せずホテルへ帰還しました。

これが、柏から水郡線経由で仙台に向かった青春18きっぷの旅 1日目でした。

次回は、仙台から山形・奥羽本線経由で帰路に向かった2日目を書きたいと思います。


イメージ 3
↑鉄道コムランキング参加中! 鉄道最新情報もこちらで↑


前回の続きを書きたいと思います。

石巻到着後・・・
石巻の散策に出かけました!
イメージ 1
まずは仙石線から・・・
仙石線は、変電施設が使えないため仙ココ(小牛田運輸区)所属のキハ110系気動車によって運転されています。
画像を見て分かる通り・・・「奥の細道」と書いてありますので、陸羽線で使われている車両で運転されています。

ですので、客室内にある運賃表にも陸羽線の駅名が記載されています。
仙石線と陸羽線で共通運用を組んでいるんでしょうかね?

なぜか、仙石線で運用するときはワンマン運転ではなく車掌が乗務しているんですよね~

側面も・・・
イメージ 2
イメージ 8

このように「矢本」とか「陸前小野」と表記されています。
震災前はこのような行先が出ることはまずなかったのに・・・なんとも悲しい・・・

そして、一番悲しいのは両数が最大で2両なこと・・・震災前は4両編成で石巻駅では撮影することは出来なかったのに・・・(詳しくは下の画像をご覧ください。画像2枚目青く2両と書いてあるのが2両編成。それ以外は1両での運転)

そしてこちらをご覧ください。
イメージ 9
イメージ 10

拡大したほうが見やすいと思いますが・・・注目してもらいたいポイントは基本震災前は1番線しか使わなかったのに震災後は2番線からも列車が発車しています。

そしてもう一つは、路線図・・・陸前小野から高城町の間だけ繋がっていません。
ご存知の通り、海の近くを走る区間ですので津波により被害を受けた区間です。
今でも矢本から松島海岸までの間で代行バスでの輸送が行われています。
現在、内地に路線を変更しての復旧作業が行われているとのことです。

仙台と石巻がこんなにも不便に感じることは今まで無かったのに・・・

イメージ 11
仙石線:仙台・あおば通方面と書いてありますが・・・そっちまで行かないという。なんとも悲しい・・・
震災前は「矢本」表示なんて無かったし・・・すべて「仙台・あおば通」と表示されていた。

一方の石巻線も・・・
イメージ 12
上りの方は震災前と変わりませんが・・・下り渡波・女川方面は女川の1つ手前「浦宿」まで・・・
震災前は「女川」と表示されていました。残念ながらあの当時の画像は今となっては見つからないんですよね・・・あまり行かなかったっていうのも有ると思うんですがね・・・

イメージ 13
やっぱり、石巻線はこっちじゃないとね!東北地域本社色
けど行先が・・・
イメージ 14

まず、浦宿ってどこや?ってなるのが普通の人ですよね~
私も浦宿ってどこだっけ~ってなりましたもの・・・先程も言いましたが女川の1つ手前の駅が浦宿です。
後もう少しで全通しそうなんですが・・・女川駅の被害が尋常になく大きくて全通はいつになるやら・・・
現在こちらも内地に移動して復旧作業が続けられています。

さて、そんな被害を受けた石巻線に新しい種別が誕生しました。
それが「直通快速」・・・なんかJR西日本には存在するみたいですね。大和路線とおおさか東線(尼崎~奈良)を直通する快速。これ即ち「直通快速」英語では「Direct Rapid Service」って言うらしい。

東日本がやる直通快速はただ単に石巻と仙台を直通する快速です。
仙台と石巻。今までは仙石線で直通していましたが、仙石線が一部区間不通のため、石巻線と東北線を直通する快速を運転しています。
途中の停車駅は無いのです。だから正式には仙台・石巻直通快速って行ったほうが正しいかもしれませんね。英語にするなら「Non Stop Rapid Service」かな?

西の直通快速は尼崎と奈良を結ぶから直通快速。途中の停車駅もあります。
東のは仙台と石巻をノンストップで結ぶ直通快速。

似ているようで似ていない両社の直通快速。

イメージ 3

車両については、仙ココ所属のキハ110系気動車を使用しています。

イメージ 4

仙石線がキハ110系の陸羽線色を使っているのとは違い・・・こちらは原色を使っています。

石巻駅の案内表示板にはどのように表示されているのか?
イメージ 5

ただ単に・・・「快速」としか表示されていませんでした。
震災前はこっちに「仙台」の表示が出ることなんて無かったのに・・・複雑な心境ですね。

ちなみに・・・
イメージ 6
貨物の方は震災前と変わらない光景でした。隣にキハ110系。今までは205系が居ただけに・・・今までとはぜんぜん違う光景だな~っと思いました。石巻線は旅客より紙の輸送のほうが多いらしいですねw

次回は、直通快速乗車記を書きたいと思いますのでお楽しみください。

イメージ 7
↑鉄道コムランキング参加中! 鉄道最新情報もこちらで↑


青春18きっぷの有効期限が迫った中、9/6~9/7で旅行に行ってきました。
青春18きっぷを有効活用するべく柏駅から水郡線を経由して仙台へでました!

今回の仙台訪問の目的とすれば、水郡線に乗車することと石巻・東北線を直通する直通快速に乗車することを目的としていました。

★柏 5:38 → 水戸 6:58 E531系 K407編成
イメージ 1

下り始発に乗り水戸へ出ます!
上にも書いたとおりK407編成でした。
最近編成まで注目してみてしまう私はもうかなりのオタクになってしまったのだと最近つくづく思う・・・

★水戸 7:28 → 郡山 10:50 キハE130系
イメージ 2
イメージ 9

JR東日本が投入した新しい気動車です。
どうも好きになれないんですよね~軽快すぎるんですよ・・・キハ48みたいに重そうに唸ってもらわないと気動車っぽくないんですよね~

行先が2つに分かれており前2両が郡山行き、後2両が常陸大子行きとなっています。
なので・・・行先が2段表記となっています。

イメージ 10

途中の常陸大子で、後2両を切離す関係で常陸大子駅で少々停車します。
そして、この駅からワンマン運転となります。しかし乗った列車は車掌が4人ほど乗っていましたw

車掌の輸送なのかは知りませんが・・・なぜか後の乗務員室に4人もいました。

イメージ 11
イメージ 12

上の画像ではちょっと見にくいのですが・・・郡山の文字が若干右によっており、左側に2段でワンマンと表示されています。
下の画像は切り離されたキハE130系です。常陸大子が回送表示に変わっていました。

水郡線、実に3時間ほどでかなり乗り応えがありましたね!
座れたしかなり良かった!

★郡山 11:06 → 福島 11:54 701系 F2-515編成+F2-106編成
イメージ 13
イメージ 14

走るプレハブ電車という愛称を持つ701系電車です。オールロングシートで揺れが酷いし最悪という酷評され、地元民ですら嫌われている701系です。

オールロングシートって何考えてるんだよ!って言いたくなりますよね。特に青春18きっぷユーザーにはかなり評判が悪いとのこと・・・ちなみにこの電車で白石まで乗りました。(福島で編成は変わっています)

3時間ほど座っていたので座らずに運転席前に陣取りして車窓を楽しんでいました。

★福島 12:00 → 白石 12:34 701系 F2-502編成
イメージ 15

言わずと知れた701系である。しかも4両編成が2両編成に減車・・・
4両編成の人達が2両編成に集約されるので激混みである。しかもワンマン運転・・・

こちらでは最後尾の乗務員室横を陣取りして後方展望を楽しみました!

★白石 12:37 → 仙台 13:26 719系 H25編成+??
イメージ 3

東北版211系いや交流の211系と言ってもいいぐらいに211系に似ている719系。
なぜか座席の配置がおかしいんですよね~この電車w
集団見合い型とか呼ばれてるみたいなんですが・・・
せめて転換クロスシートに交換していただきたいと思いましたね・・・

おとなりに見られない行先が!「浜吉田」ってどこだ!って思ったら常磐線の仙台側終着駅だそうな・・・
東日本大震災の影響ですね・・・

こちらでは、トイレ横の2人掛けのシートに座れたのでそこで仙台まで・・・

★仙台 13:41 → 小牛田 14:25 701系 F2-22編成+F2-504編成
イメージ 4
イメージ 5

またも701系・・・
ここに来て案内表示板も首都圏仕様になります。

4両編成になったと思ったらやっぱり混むんですね~
しかも、後2両は小牛田止まりという・・・なので一ノ関方面に行く人は2両に集約されるのでやはり激混みになる・・・

★小牛田 14:29 → 石巻 15:07 キハ48系 マンガッタンライナー塗装
イメージ 6
イメージ 7

小牛田から石巻線に乗り換えて石巻へ向かいます。
まさかのマンガッタンライナーが4両も繋がっていてビックリしましたよ!
東北地域色じゃない!!ってねw

案内表示板が首都圏ぽいんですよね~仙台支社管内って・・・さすが東北一の
てか、JR東日本でも支社で各自個性を出しているな~って思ったんですよね・・・

駅名標に景色を入れたりとか仙台支社管内だと駅の端に「制限35」って看板を取り付けたり、あえて国鉄仕様の駅名標を設置したりとかね・・・


という訳で長くなったのでこの辺で!
次回は仙石線と直通快速について話したいと思います。

走るプレハブこと701系については・・・←こちらをクリック!批判文章がいっぱいw


イメージ 8
↑鉄道コムランキング参加中! 鉄道最新情報もこちらで↑

このページのトップヘ